株式売買 初心者

株の初心者ならミニ株がお薦め

ミニ株というのをご存知でしょうか?
株取引を行なうのに資金が足りなくて、株取引をしたいけどできないと悩んでいる方にとっての朗報なのが、このミニ株であります。
だいたい、通常株取引の10分の1の資金でできてしまうから投資初心者には特にお薦めです。

ミニ株とは、小さな株、ではなく、あえて言うなら“少ない株”と理解した方がよろしいです。

どういうことなのか説明いたします。

通常、株の売買を行なううえで、最低単位のことを、「単元株」と呼んでおります。

例えば、A社の株は100株から、B社の株は1,000株から、といった風に銘柄ごとに決められていて、A社の場合なら100株を1単位、B社の場合なら1,000株を1単位と言うように取り扱うことが「単元株」ということです。

この場合、A社の株を50株買う、70株売るといったことように細切れにすることはできません。

ここが重要なところで、100株、1000株と言った単元株の倍数でしか売買できない決まりとなっているので、1株1,000円する株があるとしますと、単元株が100株なら購入資金は10万円必要と言うことなのです。

単元株単位の場合、1株あたりが高額であれば購入資金がかなり必要となり、購入が大変ですが、ミニ株は、この単元株の10分の1の単位で売買できるというものなので、株取引に当たっての資金が少なくてすむと言うものなのです。

例えば、先ほどのA社なら、10株単位で取り引きすることができるので、1株1,000円だとすると1万円あれば、購入できてしまうわけです。
つまり、ミニ株は資金が少なくとも株取引が始めやすいと言う利点があるのです。

実際のところ、資金が少しでいいというメリットから、ミニ株は投資初心者や女性、兼業投資家など幅広い層の支持を得ています。

資金が少なくて簡単にできるからと言っても、ミニ株にもデメリットがあるということです。

もっともよく言われているのが、通常の単元株での取引と比較すると手数料が高いということ。

扱っている額が小さいからといって売買を頻繁に繰り返すと、利益よりも手数料が高くついた、なんてことも無いわけではありません。

また、ミニ株では単元株の保有の場合のように株主優待や配当がありませんので、ただ持っているだけでは得がありません。

株取引の醍醐味の一つでもある、いくらになったら売る、買うといった「指値注文」ができません。

このようにミニ株にはいろいろと制約はありますが、上手に取引をすれば投資初心者にとっては格好の練習となるとは思います。

ただし、全ての証券会社がミニ株を取り扱っているわけではないので、口座開設する際には、ミニ株の取り扱いがあるか確認しておいた方がよろしいでしょう。

ミニ株を始めようという方にとって、基本的な知識をまとめてみました。
通常の取引と比べて小額資金で売買できるミニ株は、株取引の楽しみを広げる意味では嬉しいとこもあり、初心者においてもまず小手調べ的に取引してみると言う点では、気楽な部分もあります。
投資初心者で小額資金の方にお薦めなのがミニ株です。
これからインターネット取引するならマネックス証券

・株、ミニ株、投資信託、債券など業界随一の商品ラインナップ

・逆指値でリスク管理もラクラク

・口座開設すれば市況概況や個別銘柄ニュースなど良質な投資情報が見られます

・口座開設費用は無料。今すぐ口座開設を!



株取引 ベトナム株

今経済が熱いベトナム株に注目!

先日のニュースで、ベトナムの経済が不安定になったことに対して、日本から経済政策の技術的な面での指導を行なうことを政府が表明していましたが、このニュースは単にベトナムの経済がインフレによる破綻を意味しているばかりでなく、実はベトナム経済が非常に加熱していることも意味していますね。

株の世界では、日本の株ばかりでなく、中国やインドの株に注目が集まっていますし、個人投資家においては、こぞって乗り出しているのがベトナム株だと言うことです。

後進国というイメージがあるベトナムですが、ベトナム政府の努力もあり、経済は非常に過熱しているようで、だからこそこれからまだまだ伸びる可能性があるのです。

ゆるやかな後退だの、庶民が体感できない回復だのを繰り返している日本経済よりは、よほど見込みがあり、楽しみでもあります。

ベトナムは今非常にインフレで苦しんでいますが、日本にはない豊富な資源があり、これからのさらなる成長を十分予感させます。

ベトナム株をやってみるのは簡単で、ベトナムの証券会社に口座を開けば誰でも買うことができます。
ベトナムの経済が落着くのを見計らってから、口座開設するのも良いかもしれません。

ベトナムの証券会社に口座を開くためには、簡単に言えば、直接現地に出向けばOK。
OKと言われてもベトナムは遠い……という人は(そういう人がほとんどでしょうが)、面倒ですが郵送でも口座を開くことができます。

郵送の手続きはまず、証券会社に電話やメールで連絡して書類を送ってもらうことからスタートになります。
言葉が通じるか不安もありますが、ベトナムは日本に対して外交的摩擦が非常に少ないので、日本語のできるスタッフがいる証券会社は多くあり、そのような証券会社を選ぶとスムーズにことが運びます。

そして、書類が届いたら公証役場へ行き、サインを認証してもらいます。
その後、認証された書類とパスポートのコピーを持ってベトナム公館へ行き、領事認証を得たらここで初めて、書類を証券会社に返送できます。

ざっと説明してみましたが、この時点でベトナムの証券会社に口座を持つことは、かなり面倒くさいと感じますね。

でも心配は要りません。
口座開設を業者に代行するという手があるんですよね。

手数料は取られますが、自分で開設する場合でも諸費用でおおよそ5万円は覚悟しなければなりません。

これらの諸費用を考えたら、代行業者に頼んだ方が安く上がることもあるので、面倒だと感じる方にはこちらをお薦めします。
信用できる業者が見つかれば、お願いするのもいいでしょう。

簡単ではありますが、ベトナム株について紹介してみましたが、いかがですか?
日本の株や、中国、インドの株に厭きた方は、ベトナム株を研究してみてはいかがでしょうか?
ベトナム経済が加熱してインフレが激しいですが、日本政府からの政策援助等で十分安定してくる可能性はあります。
今すぐ、ベトナム株の購入をお薦めしませんが、時期を見計らう為にも情報を十分入手しておくことは大切だと思います。
世界が注目するベトナムの経済成長!あなたの投資で世界が変わる!



株取引 ネット株

スタンダードになったネット株で儲けましょう

インターネットをしていて株に関心の有る方なら、ネット株と言う言葉を知らない人はいないでしょう。
いまやブームからスタンダードになったネット株。
FXがブームになったのも、このネット株がスタンダードになり、レバレッジと言うてこを応用した投資取引ができることで、大きな利益を生み出せることが知れ渡りました。

むしろ、ネットを使わないでどうやって株取引やFXをするの?という個人投資家は増えていることでしょう。

いま株を始めるのなら、断然ネット株がおすすめ。
証券会社に出向いて株を購入する方、証券マンが訪問してきて株を購入される方は、ごく一部の投資家になったといえるでしょう。

ネット株というと“ネット”という言葉に惑わされて、インターネットやパソコンの深い知識がないとできないと思い込んでる方はいませんか?
心配ご無用です。そんなことありませんから。

この記事を読んでいる人なら誰にでもできます。

ネット株は、インターネットを通して株を売買する、いわば株のインターネットショッピングなんですから。
どうですか?できそうな気がしてきましたか?

ネット株は初めてだと言う方でも、すでに証券会社に口座を持っていて株取引をしているのなら、ネット株への移行はスムーズにできますので安心してくささい。

ネット株の始め方は証券会社のホームページに詳しく書いてありますし、いつもお世話になっている窓口の方、証券マンに相談してもいいでしょう。

これから株を始める人で、ネットでしか株を取り引きしないのなら、ネット専業の証券会社がおすすめですね。

ネット専業と言うことは、当然ながら店舗を持たない分コスト削減ができるため、口座のランニングコストや取引手数料の面でユーザーに還元してくれ、思ったより手数料が掛からずに株取引ができます。

ネット株において最大のメリットと言えば、売買の即時性でしょう。

いまが買いだ!売りだ!と思った瞬間に、クリック一つで株を売ったり買ったりできること。
証券会社に出向いて売買するとか、電話での売買とは即時性という点では比較になりませんよね。

スピードが命のデイトレード。
ブームの裏にはネット株の普及があったわけです。

気をつけなければいけないことは、ネット株のデメリットは、ゲーム感覚に陥ってしまいがちなこと。
実際にお金を動かしている意識が薄れてきたら要注意ですが、大きなお金を動かすことに対する緊張感で判断が鈍ると言う人には、ゲーム感覚も多少必要でしょう。

ネット株の普及は、株取引を身近なものにしてくれ、株取引を通して、日本の経済、海外の経済に関心を持つようになった人は多いことでしょう。
日本の国だけでなく、海外にも関心を持つことで、国際経済の感覚も養えるようになり、国際人としてしっかりとしたバランス感覚が持てるようになると思います。
ネット株を始めるなら、マネックス証券
がお薦め!


株取引 インド株

これから株取引するなら、インド株に注目!

中国株がアツいのは、をやらない人でも書店やニュースなどで、中国の経済が過熱していることから十分に予測できますが、中国と並び、人口の多いインドの経済が過熱していることを知っている方は少ないでしょう。
インドが貧困に喘いでいた時代は、今はもう昔の話となりつつありますが、また、格差が激しいくなっている現実もあります。
インドでは、2桁の掛け算が誰でもできるということで、テレビなどで話題になりましたが、あなたは、インドと言ったらなにを思い浮かべますか?

カレーとガンジー、なんて答えてしまった人は、残念ながら時代の波に取り残されているとしかいいようがないでしょう。

知る人ぞ知るインドは、今、経済的にもっともアツい国の一つなんです。
ブラジル、ロシア、インド、中国の4つの国は「BRICs」と呼ばれ、経済成長が著しい新興国とされ、先日の先進国首脳会議にオブザーバーとして呼ばれていましたね。

中でもインドは、日本の投資家、世界中の投資家が注目する伸び盛りの国といえます。
経済的に成長が見込めるということは、株価もどんどん上がるということに繋がります。
なので、こういった理由から、インド株への注目は年々高まって来ているのです。

しかし、残念ながら、日本では個人でインド株を買うことはできません。

そこで、多くの日本人投資家は、インド株ファンドを扱っている投資信託会社に投資しています。
ファンドとは簡単にいうと、ファンドマネージャーという投資のプロが、複数の株式をまとめて取り引きを代行してくれる商品を指します。

つまり、日本にいながらにして、個別のインド株を直接買うことはできませんが、ファンドマネージャーにお金を預けることで、複数のインド株に投資することができるというもので、魅力溢れる商品も多数出ています。

プロのアドバイスを受けられるファンドは、個別の株式を選択するのと比べてリスク回避の点で非常に優秀とも言えるでしょう。

資金が少なかったり、投資初心者でも比較的安心できると評判です。

個別銘柄はよく分からないし、とにかくインド株に挑戦してみたい、という人にはぴったりですね。

もちろん、ファンドマネージャーにまかせきりではいけません。

ある程度、自分自身でインド株について勉強したり、研究することで、リスクをできる限り回避できるようになれるはずです。

プロのファンドマネージャーだからといって、必ずしもいつも利益を上げていられるわけではありません。
インドの政治経済事情により、インド株にも当然ながらリスクはあります。
プロだからといって、なんでも鵜呑みにするのではなく、しっかりと研究し勉強することは大切です。

株取引 中国株

気になる中国株の動向!

日本株の下降気味で落着いている現在、株取引において、あまりうまみがある市場とは言い難いです。
東京株式市場(東証)は、成熟している部分があり、個人の投資家が株取引で利益を上げるにはそれ相応に勉強と研究が必要になります。

有る程度、株取引に慣れてきてた中級者以上の方なら、少し目先を変えて中国株にトライしてみるのもお薦めかと思います。

基本的に日本の経済は、外国、特にアメリカの経済動向に引張られる傾向がありますが、中国の経済は、日本経済とは多少は連動していますが、全く別物の経済ですので、株取引も当然ながら、別物の動きをするわけです。

戦後最大の景気回復を続けてきたとは言え、ここに来てアメリカ経済の低迷(サブプライムローン問題)、原材料の高騰は、景気回復に歯止めが掛かると見られていている日本と違い、経済成長著しい中国の株取引に乗り出すことは、大きなチャンスにつながると思います。

実際のところ、中国の経済は2008年の北京オリンピックまでは右肩上がりできているのも事実で、この好機を逃すまいと多くの日本人投資家が中国株の売買に挑戦しています。

成熟しきっている日本経済と比べると、大企業の株が安く買えるだけでなく、のびしろがあると見られる中国株が今、大人気となってるのもうなづけます。

中国の企業だから、中国に行かなければ中国株が買えないわけではありません。
中国株の売買は、日本在住でもできるので安心して、取り組んでみてください。

中国株を扱っている証券会社は年々増えてきていますので、どの証券会社が良いかを選ぶのも難しいところがあります。
逆に言えば、証券会社の選択肢の多さは安心できる取り引きには不可欠と言えます。

まずは、中国株を扱っている証券会社の徹底比較から始め、じっくりと対象となる中国企業を絞るのも良いですね。

実際の取り引きにおける情報は、一般書店などで手に入る情報よりもインターネットの方が新鮮な情報が手に入りますので、入念にチェックしてみてください。

中国語の翻訳ソフトを利用して、中国のサイトもチェックしてみるのも良いかもしれません。

ところで、2008年5月の四川大地震は株価に少なからぬ影響を与え、北京オリンピックにも少なからぬ不安を与えました。

直後は株価も急落と反発をくり返しましたが、今は落ち着きを取り戻しつつあり、これから先の被災地の復興によっては、株価が跳ね上がる可能性もあるかもしれません。

また、北京オリンピック最中は、株価の動きは中国選手団の活躍を見守る動きと言えるでしょう。

被災地のことを考えると、株価を気にするなんて火事場泥棒のようでいい気分ではありませんが、株とはそこまでシビアなものなのです。

ざっと、中国株の動向を見てきましたが、北京オリンピック以後の中国経済の動向をしっかりと見極めながら、中国株に挑戦してみることが大切かと思います。
北京オリンピック以後、中国経済が急激な下降をしていくとは思いませんが、アメリカの経済動向とあわせてしっかりとチェックしておきたいところです。

株取引 証券会社

株初心者が選ぶ証券会社は?

株取引を始める為には、証券会社に口座を作らないといけないわけですが、では、証券会社と株式の関係はどのようなものか?

株式が会社の経営権の券を発行したものであり、その株式を証券会社が仲介となって引き受けて、証券市場というところで流通できるようにさせます。

証券市場で株式を流通させることで、企業は株式市場より資金を調達できようになり、私達は証券市場より、証券会社を通じて株を買ったり売ったりすることができるようになります。

それゆえに、株取引を始めるには、取り引き専用の口座を証券会社に準備する必要があるわけです。

一般の銀行では、株式の仲介をしてはいないので、銀行口座だけでは株取引を行うことはできないのです。

つまり、株取引専用の口座は、銀行ではなく証券会社に開設しないといけないわけです。

重要なことですが、口座を開設する証券会社選びが株取引の第一歩といっても過言ではないでしょう。

その気になれば、いくつもの証券会社に口座を持つことは簡単にできます。

しかし、初心者はまず1つの証券会社とじっくり付き合っていく方が大切ですね。

口座の管理費や運営費などのランニングコストの面だけでなく、ここにも口座、あそこにも口座となると管理が大変になり、初心者にとって無駄が多く発生してしまい混乱する原因になりかねないです。

株初心者ならそれほど資金も多くはないでしょうから、口座は少ない方が効率的で集中して売買もできるかと思います。

証券会社選びのポイントの一つとして、自分好みの取引ができるところ。

自分好みの取引とは、初心者の方には分かりにくいことでしょうから、まずは、そこそこ有名な証券会社を選ぶのが賢い選び方と言えると思います。

銀行口座は開設しても手数料などがかからないように、証券会社の株取引専用の口座のなかには、口座開設費や管理費がかかるものがあるので、そういった手数料などが無料なら言うことなしです。

さて、口座を開設したら、口座に資金を入金すればいつでも株取引が始められます。

いつでも株取引ができるからと言って、適当に銘柄を選んだのでは意味がありませんので、不安ならばシミュレーションソフトなどで雰囲気をつかんでから始めるといいでしょう。

そういったソフトの有無も証券会社選びのポイントにすると良いと思いますね。

実際の株取引は買いから始めるのが基本で、いわゆる“空売り”は、初心者には危険なのでお薦めできません。

まずは小額でもいいですから、株を買い、少しでも上がったら売る、をくり返して株取引のコツをつかんでいくと良いでしょう。

まとめて見ますと、そこそこ有名な証券会社で口座開設が無料であること。
シミュレーションソフトなどを提供しているところなら、なお良し。
小額で買いを基本に取引を行うこと。
初心者なら、ざっとこんなところでしょうか。

初心者に優しいマネックス証券



株式売買 初心者

株式入門に際して大切なこと

の取引を始める前に、まず基礎知識の用語などの意味はしっかりと知っておいたほうが良いです。

知っているから儲かるとは言いませんが、株の取引で使われる用語の意味すら分からないようでは、勉強しても分けが分からないで終わってしまいます。

基礎とも言える用語の意味などは必ず役に立ちますし、ノウハウものの情報商材を購入した際にも、応用がきくはずです。

基本的なことですが、株は正式には「株式」と言いますね。

当たり前のことですが、株式とは企業が発行する券のこと。

以前は企業が発行する“紙切れ”などと表現することもありましたが、2009年の株式電子化に向けてその表現も使われなくなってますね。

初心者にとって、ますます株式の実体がわかりににくくなりましたが、企業の経営権を小さくしておすそわけしたようなものだと考えていただけると、分かりやすいかもしれません。

例えば、企業全体で株式を1,000万枚、発行していたとしましょう。

その株式を100枚買えば、全体の10万分の1の経営権を手にしたことになります。

僅かな枚数とは言え、経営権を持っていることになるわけですから、株主特権として株主総会で経営について意見したり、経営者としての立場を確保していますので、その企業からサービスを受けることができると言うわけです。

経営者ですから企業の儲け(利益)を分けてもらえることだってあります。
配当金がこれにあたるでしょうか。

例えば、利益の上がっている人気企業などでしたら、その経営権の券つまり株式を欲しがる人はたくさんいます。

多くの人が欲しがれば欲しがるほど、当然、その券の値段は上がりますよね。

これが“株が上がる"ということなのです。

逆に、倒産寸前の企業の経営権を欲しがる人は、何か特別な理由でもない限りあまりいません。

そうなると、株の値段(株価といいます)は必然的に下がります。

この株価の変動を利用して、株価が安い時(株券を欲しい人が少ない時)に買い、高い時(株券を欲しい人が多い時)に売ると言うことが、株式取引の基本となるわけです。

もう少し簡単に言えば、株が上がった、下がったで売買をくり返し、利益を積み重ねると言うことです。

実際には、企業が発行する株券のことだけでなく、この株券の売買そのものを「株」と呼ぶ場合もありますね。

もちろん、気に入った企業の株式を売らずに持ち続けることで発生するメリットもたくさんありますので、売買だけが全てではないですね。

ざっと、基本的なところは抑えたつもりですが、株式の値段の上がり下がりを表現するチャート、そのチャートの見方には、いろいろな表現が使われているので、売買と言う観点から言えばそのチャートもかなり重要なウェートを占めています。

何につけても、知らないままにしないで、こまめに調べて理解することは、株で儲けようとする際には、大変大切なことです。

勉強会・セミナーもありますマネックス証券



株式売買 初心者

株式売買で初心者が注意すべきこと

これから株式売買の取引をしようと考えてる初心者の方は、当たり前ですが株式売買で儲けたいと考えて始められることでしょう。
株式売買を何かのゲームとして始められる方は、まずいらっしゃらないと思います。

株式売買がお金儲けである以上、ただ闇雲に操作をしさえすれば儲かると言うようなことは絶対にありえないです。

個人投資家、いわゆる株式売買をしている方(企業人を含めて)はたくさんいらっしゃいますが、いろんな意味でよく研究をされ、より確実な情報をしっかり得て(時にはお金を出して)から、取引を行っている点を見過ごしてはいけないです。

即ち、株式売買の初心者が注意すべきこと、まず第一に鵜呑みにしないこと。

書籍やインターネットでのハウツーを丸呑みしてしまうと、大抵ひどい目に遭います。
自分の経験からも言えます(笑)

ハウツーがいんちきだというのではありません。

何も考えずに、第3者の目を持たずに信じ込んでしまうのがいけないのです。

ああすれば儲かる、これで稼いだ、などといったハウツーはもちろん、情報提供者の実績に基づいたものがほとんど。

情報販売のページにはそれが溢れかえっていますよね。

ここで頭を冷やしていただきたいことは、すべての人間がその情報提供者の通りに運ぶとは限らないのです。

株式売買で儲けるためには資金がいくらあるか、市場全体の流れはどうなっているか、何か重要な事件が起きていないか、さまざまな要素からが絡み合い判断が下されて行きます。

考え方も捉え方も全く分からない見も知らぬ人が成功したハウツーを、そのまま初心者の自分に当てはめたからといって、絶対に儲かるなんてことはありえないです。

残念ながらハウツーそのものが眉唾ということも、インターネットにおいては往々にしてありえます。

株のインサイダー取引がニュースで多く取り上げられたりするように、株式売買で儲けるためには情報の取捨択一するための知識、経験が必要になってきます。

では、どうすれば有効な情報だけを取り入れられるかですが、厳しいようですが、これは勉強するしかありません。

株とはなんなのか、株で儲けるメカニズムはどうなっているのか、基本をしっかり頭に入れた上で過去の事例などを照らし合わせ、研究すること。

ハウツーものも過去の事例であり、そのメカニズムを研究する対象とも言えるわけです。
これが面倒だと感じる人は、そもそも株が向いていないのだと思います。

自動売買といわれるシステムトレーディングでも同様なことが言えます。

基礎を学ぶことはとても大切です。
スポーツもそうですが、基礎を無視した練習は、いざと言う時に応用が生きてこないのです。
基礎を学ぶこと、身に付けることはつらく大変ですが、基礎をおろそかにしているようでは、いつまでたっても株式売買で儲けることはできません。

ちなみに、証券会社の新規口座開設なら、マネックス証券がお薦めです。
携帯電話からの株式取引もでき、手数料は、なんと、最低105円(税込)です。
さらに、様々なニーズを満たすトレーディングツールも充実しています。



プライバシーポリシー

本ウェブサイトのプライバシーポリシー

本ウェブサイトのプライバシーポリシー

クッキーおよびWebビーコンについて

本ウェブサイトにおいては、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと呼ばれる技術を使用しているページがあります。クッキーとは、Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるようになります。クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの「寿命」に加え、1つの値が格納されています。通常、この値はランダムに生成されたユニークな数です。クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、カスタマーに有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。クッキーにより、カスタマーの使用するコンピュータは特定されますが、カスタマー個人を特定できるわけではありません。また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります。)は、特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。
当サイトにおいて、以下のような場合にクッキーを使用することがあります。
利用者ごとにカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、利用者の利便性を考慮しクッキーを使用することがあります。このクッキーは、利用者がカスタマイズされたページへアクセスしたとき、またはログインするときに設定されます。
本サイトを利用する利用者数を計るために使用する場合があります。
掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。

クッキーの無効化と有効化

ブラウザの設定を変更すると、クッキーの受け入れ可否を選択できます。また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当社サイトで一部の機能が使用できなくなることがあります。ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。

<<前の10件  1 2 3 4 5  


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。