先物取引 種類

原油先物取引は、注目の先物取引

たくさんの種類がある先物取引の中で、ここ1年位、いろいろな意味で大きな問題となったのが、原油先物ですね。
いわゆる原油の価格と言うのは、先物取引の市場取引で決まるわけで、現物の取引による市場価格とは性質が少し違います。

この原油先物には、三つの原油指標があり、それぞれ市場があるのですが、代表的なところでは、ウエスト・テキサス・インターミディエートのWITが、その一つです。

よくニュースなどで、原油価格と言った場合、このウエスト・テキサス・インターミディエート(WIT)の価格をさしていいます。
アメリカのテキサスで産出される大変質の良い原油を指していて、ニューヨークマーカンタイル取引所で原油先物取引として取引が行われています。

その他には、欧州産の北海ブレンド、中東産のドバイがあり、それぞれ取引されています。

これら代表的な三つの原油指標の中で、特に世界経済の動向を動かす原油指標は、WIT原油先物になります。

WIT原油先物が原油指標として大きな役割を果たしている理由としては、ニューヨークマーカンタイル取引所の市場で取引される量が大変に多いからなのです。
質も良いのですが、何といっても量が多いので、他の取引所の先物価格は、このWIT原油先物価格を参考にしているといっても過言ではありません。

ところで、原油先物の取引に限らず、実際に商品先物取引を始める際には、取引証拠金などの預託金が必要となっています。

原油先物の預託金なのですが、当初の預託する金額は、最低取引単位一枚について最高額の27万3000円から最低は2万7千円などとなっています。

参考として、原油先物の取引証拠金を上げましたが、商品によって当然のことながら変わってきます。

この額は、最低取引単位一枚についての額ですから、実際の商品取引額は、こうした取引証拠金よりもかなり高額になり、15倍から40倍の取引額になることはざらにあると言えます。

もし、WIT原油先物の取引をしようとした場合には、これら先物取引を扱う証券会社にまず口座を開設する必要があります。

日本では、岡地、タイコム証券、SBIフューチャーズ、小林洋行、北辰物産、フジフューチャーズが原油先物を取り扱っていますので、各ホームページで確認できると思います。
WITは、アメリカの証券取引所で取引が行われているので、日本においてはWITの原油先物取引は行われていません。

原油先物取引もそうですが、先物取引をする際には、証券会社に手数料を支払わなければなりません。
この手数料は自由化により証券会社によって違いますので、先物取引をする際には、この手数料についてもしっかりとチェックしておいてください。

先物取引については、株よりもとっつきにくい面もあるかもしれませんが、内容を知ってみれば意外と面白いところもあります。
原油取引の他にも、希少金属類が先物取引の対象となっていますから、いろいろと調べてみますと面白いかもしれません。

ルールは簡単!はじめよう!ミニ日経225先物



先物取引

先物取引なら日経225先物が

先物取引は、投資と言うよりは、投機に近いものがあり、は、長期保有と言うのが出来ますが、先物取引の場合、何年にも渡って長期に保有すると言うのは、基本的にありません。

先物取引という言葉は、株を取引する場合に、必ず出てくる言葉なので理解しておいた方が良いです。

先物取引としては、コーヒー豆や農産物それに金や原油など、まだ一次産品などのまだ収穫できていないうちに将来の収穫に対して取引するというものがあります。

これは、あらかじめ決められた期日に、決められた商品を取引するというもので、典型的な先物取引です。

最終価格は、この決められた期日での取引で決まります。

コーヒー豆や農産物、金や原油などの先物取引に対して、証券取引所で行われる先物取引は、株価指数を取引するもので、実際の現物の商品を取引するものではありません。

また、先物取引の意味には、将来の株や債権を取引するという意味もあります。

株価指数を取引するものとしては、日経225先物、日経225mini、日経300先物取引、RNプライム指数先物取引、があり、それぞれ活発な取引が行なわれています。

この他、先物取引には、シカゴ先物、日経平均先物、ダウ先物、債券先物などもあり、株取引とは違った投資の面白みがあります。

このうち、株価指数先物取引の大きな特色として、3月、6月、9月、12月の隔月の第二金曜日の前日を取引終了日とする限月取引で行われている点です。

先物取引についてもっとよく勉強しないと分かりにくい点が、3月や6月などのそれぞれの限月期間は、1年3ヶ月となってるところです。

先物取引は、指数の100倍から10000倍での取引が可能となっています。

もし、日経225で一単位15000円の先物を10単位約定すると、15000円の10倍と指数の1000倍をかけて15000万円が約定価格となり、大変大きな取引となります。

ただし、先物には株価と同じように、16%程度の値幅制限が決められていますので、注意が必要です。

株価指数の決済の方法については、現実の指数と、約定価格の差額授受する差金決済となっています。

これらには株と違って、最終の最近決済の期限である満期日があり、この満期日の意味はしっかりと理解しておくべきでしょう。

コーヒー豆や農産物、金や原油などの先物取引は、個人の投資家には馴染みが少なく、株価指数の先物取引である日経225先物、日経225miniなどが、活発に取引されています。
日経225先物、日経225miniなどは、株取引比べて少ない投資額で、多くの利益を出せる仕組みのレバレッジを効かせる事ができ、人気があります。

ルールは簡単!はじめよう!ミニ日経225先物



株初心者 株ソフト

株ソフトは個人投資家の強い見方

株の銘柄を初めとして、チャートの分析や、株式取引における売り買いのタイミングなど、本当に株式取引は情報を分析するのが大変です。
一部上場銘柄からして、4,000以上もあるのですから、その中から利益が出る銘柄を探すのは、上級者でも大変なのに株初心者なら、尚一層難しいですね。

そんな大変な銘柄選びや、売買のタイミングをPCに任せてしまうと言うのが、株ソフトです。
株ソフトについては、株式取引を便利にしてくれるということから、次々と、登場していて、難しい情報分析をしてくれるので、多くの人が利用するようになって来ているようです。

株ソフトの中には、本当に便利なものがあり、株価を分析・予想するもの、売買のシミュレーションをするもの、自動で株を売買してくれるというものまであり、至れり尽くせりと言う感じです。

ところで、そんな便利な株ソフトの中で、今、一番注目を集めているのが、自動で株を売買してくれるソフトウェアでしょう。
基本的な設定をするだけで、銘柄のピックアップから売買までパソコンがやってくれるという優れものなので、人気が出るのも不思議ではないです。

いくら証券会社や、ネット上などで情報があふれていても、すべてに目を通して、判断を下すことは不可能なことです。
そこを、株ソフトによってパソコンがカバーしてくれるというものです。

パソコンで情報を分析してくれると言うことなので、株式取引が大変に楽になるということです。
インターネットで株ソフトに関して検索してみますと、さまざまな、株ソフトの情報が公開されているので、とても参考になると思います。

シミュレーションでの練習をしたり、指標の見方などもインターネット上で公開されているので、株式投資の力を養うことにもなるでしょう。

オススメの株ソフトとしては、データ収集や売買シミュレーションができる株取引予想ソフト”トレード・マネージャー Ver.2”というのがあります。

このソフトには、株の基礎知識から取引まで学べる『株取引実践講座』が収録されているので、株初心者の人でも安心して使えると思います。
”トレード・マネージャー Ver.2”の機能としては、「多くの銘柄から、どれを買うか」とか、「株取引は売買タイミングはいつなのか」と言った必要な情報はもちろんのこと、投資スタイルに応じて、条件に合った銘柄を選び出してくれるので、株取引に慣れている方でも十分に役に立つと思います。

実際、数ある銘柄から自分に合った銘柄を見つけるのは、大変な時間と作業が掛かります。

株ソフトの良いところは、株の売買推奨銘柄を選び出してくれて、かつ、買うタイミングと売るタイミングを的確な数字でアドバイスしてくれるところですね。
株式投資を補助してくれるソフトを大いに使いこなして見ましょう。

株ソフトは、今後ますます販売されるようになり、投資家の役に立つように更なる改良も行なわれると思います。
一応、株取引予想ソフト”トレード・マネージャー Ver.2”を紹介しましたが、その他にもたくさんあるので、自分にあって一番使い易そうなものを選ぶようにしましょう。

”トレード・マネージャー Ver.2”の販売HPアドレス↓
http://trade.digiaca.com/

これからインターネット取引するならマネックス証券

・株、ミニ株、投資信託、債券など業界随一の商品ラインナップ

・逆指値でリスク管理もラクラク

・口座開設すれば市況概況や個別銘柄ニュースなど良質な投資情報が見られます

・口座開設費用は無料。今すぐ口座開設を!



株取引 証券会社

携帯やPCで株取引ができるネット証券会社

株取引をしたいと思ったら、書店へ行ってもたくさんの株取引に関する書籍が並んでいて、勉強する上でも大変助かります。
そして、それらの書籍の殆どが、ネットを介してのトレードで、デイトレードにFX、日経225先物、Eワラントなど、昔では考えられない程にたくさんのトレードができることを紹介しています。

現在は昔と違って証券会社の口座を開設さえすれば、インターネットを介するネットトレードが素早く、そして、手数料も安く簡単に株の取引が可能となるのですから、本当に凄いですね。
証券会社によっては、携帯でも取引ができるようにしているところもあり、昼休みの1時間で、取引をして儲けている方もいらっしゃいます。

現在、株取引の主流は、パソコンを使ってのインターネットの株の売買が一般的になっています。

インターネットを介してのネットトレードを行うために必要なものとしては、パソコン 、電話回線 、インターネットに接続可能な環境 、銀行口座 、そして、何と言っても重要な資金となりますね。
これらを準備さえすれば、後は証券会社の口座を開設して、資金を振り込むだけですね。
ネット証券と呼ばれる証券会社の多くは、口座に資金を振り込みやすいように、殆どの銀行、郵貯とオンラインで結んでいて、パソコン上から振り込むこともできるようにしています。

そして、株初心者のかたでもすぐに株取引を始めることができます。

株取引を始めるにあたっての注意点としては、自身の投資スタイルを決めること、投資の目的と資金によって自分に合った証券会社を選ぶということです。

一口に株の売買と言いましても、いろいろな売買スタイルがあるのです。
例えば、投資の手仕舞いする期間で分けるとすれば、購入した株をその日のうちに売却するような超短期な取引の「デイトレード」がありますね。

デイトレードでの取引をしようとするならば、1日あるいは1ヶ月定額制の手数料を実施している証券会社の中から、手数料を基準にして証券会社を選ぶと良いと思います。
数ヶ月をかけてする短期投資や、数年に及ぶ長期投資となると、取引回数は当然ながら少なくなりますので、1回あたりの手数料が安い証券会社を選ぶのが賢明と言えます。

株の初心者ですと、銘柄や公開企業の動向などの情報量はそれほど多く持っていないでしょうから、証券会社が無料で提供してくれるリアルタイムの株価情報や注文情報などが頼りになりますね。
そのような点から見ると、情報の豊富さ、指標などの分析ツール、チャートなどの表示が見やすいなど、充実している証券会社を選ぶことも重要な注意点と言えます。

最近の流行は、システムトレードやデイトレードなので、指標などの分析ツールが豊富でチャート表示が見やすいネット証券会社がお勧めだと思います。
昼間仕事のかたなら、携帯でのチャートの確認ができ株取引ができるネット証券会社が良いのではないでしょうか。

株式売買 初心者

株初心者の方は、スクリーニング機能を利用してみましょう

株初心者にとって、どの株を選んだら良いのかと言うことで、頭を悩ますことが多いのではないでしょうか。
そういう時は、各証券会社や株のWEBサイトにあるスクリーニングと言う機能を利用してみると、大変助かるかもしれません。

株スクリーニングとは、“ふるいわけ”をすることを意味している用語です。
株式投資をする時、何と言っても大変なことは約3000社という膨大な株の銘柄の中から、幾つかの投資先を選ばなければならないことだと思います。
更に、1社に絞り込むとなるとかなり大変です。

株スクリーニングの便利なところは、いろいろな条件をつけることにより、希望の条件に合った銘柄を絞ることができるのです。
実際、3,000以上もある上場銘柄の中には、どういった銘柄があるのか分からなくて、見逃している銘柄もたくさん存在しているはずです。

そう言ったたくさんの銘柄の中から効率良く、自分の思ったような銘柄を探し出すのに役立つツールが、「株スクリーニング」なのです。
使いこなしたいツールと言えます。

例えば、配当を多く出すという会社を選ぶとか、割安な株を選んだりすることができると言うことなのです。

大概のネットで株取引のできる証券会社ならば、スクリーニング機能(無料)がある証券会社がほとんどなので、口座開設をした際に、是非試しに使ってみると良いと思います。
また、証券会社に限らずスクリーニング機能を無料で利用できる、WEB上のサイトもありますので、検索して見て、使い易いと思うようなものを選ぶと良いとおもいます。

各スクリーニング機能によっては、いろいろな指標から選択するものや、具体的に、「1株単位」「価格50万以上」「売上高成長率120%以上」などと、入力するタイプまで様々あります。
スクリーニングを通して銘柄を検索すると、条件に合致した銘柄のみをピックアップしてくれるので、とても便利です。

株スクリーニングに関しては、株式に登場する用語をあわせて、しっかりと理解することが大切で、後々とても役に立つ機能であるといえます。
スクリーニングによる検索結果は、過去のデータから結果を表示しているものです。

必ずしも予測通りに株価が動かない場合もありますので、過信することは禁物ですが、参考には十分なると思います。
投資はあくまで自己責任であること。
このことを、しっかりと頭の隅に置いて、利用しないといけないです。

株初心者にとって、どの銘柄が良いのかを選ぶことは、とても大変なことですが、株スクリーニングの機能を生かすことによって、だいぶ手間が省けるのではないでしょうか。
その上で、いろいろな指標や株の勉強で学んだことを、選んでみた株に対して当てはめてみると、だいぶ絞れるのではないでしょうか。

株取引 手数料

証券会社によって、株売買の手数料が違います

株式売買をするにあたり、物の売買とは違って、無料で売買をすることはできないんですね。
証券会社が株の売買においては投資家と投資家との間の仲介役を担っていますので、売買に当たっては、証券会社に仲介料を支払う、これが手数料と言うことになります。

つまり、株を買ったり売ったりするためには、証券会社を通さなければいけませんので、証券会社に株売買におけるところの手数料を支払わなくてはならないのです。

これが、証券会社に対して支払う手数料、「売買手数料」のことです。
一般に「手数料」などと呼んでいます。

1999年10月1日にスタートした株式手数料の完全自由化によって、これまで証券会社において一律だった手数料がそれぞれ異なるようになったことは、個人の投資家においては特に嬉しいことだったと思います。

手数料は株式投資をする際の取得価格を上げ、売る時の価格を押し下げますので、手数料が高いと、投資家にとってはその分利益が小さくなってしまうということなのです。
投資家にとって、手数料は掛からない方が良いですが、株式の売買を維持する為には、この手数料は必要不可欠なものともいえます。

証券会社の売買手数料は、注文方法や、約定金額(株価×株数)の金額、株式の取引方法によって細かく設定されており、証券会社によってそれぞれ手数料の料率が異なりますので、証券会社に口座を持つ時には、この売買手数料がいくらかをしっかりと比較調査したいものです。

証券会社によっては、株の売買のたびに手数料がかかる方法もあれば、その日のうちなら何度売買しても手数料が一定の方法の定額手数料制のところもあり、十分なチェックが必要です。

売買手数料を定額手数料にしている証券会社ですと、たとえば50万円〜100万円の取引なら定額で900円とか1200円といった設定としているのです。

さらに約定金額「50万円〜100万円」の売買手数料を各証券会社で比較してみると、500円台から1000円台まで、証券会社によってまちまちの手数料であり、料率は異なります。

少しややこしくなりますが、その手数料も、毎日頻繁に売買するのか、それとも比較的長期保有なのかによっても変わってきますので、自分のトレードスタイルによって、うまく選ばなくてはならないです。

株の売買に関わるコストが小さければ、その分を投資に回すことができるので、より有利な運用が可能になります。
手数料についての検討は、投資を始める上での重要なポイントのひとつになって来ます。
株の売買における金額と比較して、売買手数料が数百円、数千円と小額とは言うものの、トレードの回数が多くなれば、馬鹿にならない金額になります。
数百円、数千円とは言え、自分のトレードスタイルを十分に考慮して、証券会社に口座を持つようにいたしましょう。

マネックス証券



株初心者 シュミレーション

株初心者の方は、まずシュミレーションから

株は儲かると思って、いきなり株売買をしてお金を稼ぐと言う株初心者の人は、それほどいないと思います。
書籍を初めとして、セミナーなどに参加し、十分に準備してから取引されるのが普通だと思います。

なかでも、WEBサイトなどで見かける株式のシュミレーションは、株式投資初心者にとっては、都合のよいものと言えますね。

株式シュミレーションとは、証券会社に用意されたサービスのひとつですね。

初心者が、いきなり証券会社に証券口座を開設し、株を購入して利益にすぐに結びつくことは、まず無いといってもよいでしょう。

そこでお薦めなのが、実際に株式投資をする前に、一度ノーリスクで株式投資を体験してみるという方法なんです。
つまり、シミュレーションのゲームをして見ようということです。

ゲーム感覚でもって株取引の体験ができるので、お金を動かすと言うことの緊張感から開放されて、シュミレーションでの取引練習ができます。
また、株式の勉強にもなりますので、大いにやってみるべきだと思います。

特別に、WEB上での証券会社に口座を開設しなくても、無料で参加できるものがほとんどですから、気軽に参加することが出来るでしょう。

株価も実際の株価に連動したものなので、実際の市場の株価が反映され、十分に練習になると思います。
ただし、実際の株価に連動しているとは言うものの、シュミレーションなので若干データの反映が遅れるのは仕方がないことでしょう。

代表的なものとして、野村證券のホームページでは、野村のバーチャル株式投資倶楽部というのがあります。
参加エントリーは無料で、株式のシュミレーションが行えるので、ゲーム感覚でできると思います。

どんなものかと言いますと、まず、仮想の100万円が支給され、その100万円を元手に、自由に株式の売買シュミレーションができると言うものです。

株初心者にとって、初めての投資は不安なことも多いことでしょうし、気になる銘柄を試しに買ってみたいという人にとっては、株式シミュレーションはもってこいで、株式売買の練習ができるでしょう。
株式シュミレーションに気軽に参加して見ましょう。

野村證券のホームページばかりでなく、インターネット上には、株式シュミレーション提供サイトというのが、いくつか存在します。

実際に現在の株価で売買する事ができたり、現金を使わないので株初心者ならずとも練習に最適といえるでしょう。

いきなり株式売買で、何十万、何百万のお金を投資すると言うのは、はっきり言って無謀なことです。
株式シュミレーションで、十分経験をつんでからでも遅くはないです。
株式売買などの投資で、重要なことは損切りだと言われます。

この損切りの経験をシュミレーションで何度も積んで、しっかりとできるようになりましょう。

株式売買 初心者

株初心者なら、株主優待から企業の株に取り組んでみては

初心者の方で、株を保有することで株式会社の経営に参画しようと考えている人は少ないですが、株主優待制度を楽しんでみようとか思う人は多いのではないでしょうか?
例えば、東京ディズニーリゾートを経営するオリエンタルランドの株式で儲けると言うよりは、東京ディズニーリゾートの入場券の割引優待券が欲しいと言う人が意外と多いようです。

株の初心者にオススメしたいのが、堅い経済の話は少しおいといて、こういった株主優待から取り組んでみると言うのはいかがでしょうか?

この株主優待というものは、株式会社が、一定数以上の自社の株式を、権利確定日までに保有していた株主に与える優待制度のことで、略して株優(かぶゆう)などと呼ぶこともあります。
株主優待の実施に対する法的な義務はありませんので、株主優待を行なっていない株式会社は多いです。

ちなみに、株主優待は日本独自のものなので、アメリカ合衆国をはじめ諸外国ではほとんど行われていないのが実情です。

簡単に言ってしまえば、株を買って株主になることにより、株の銘柄によってはその企業から、株主優待というプレゼントがもらえるということです。

具体的には、食品会社の株を所有しているのであれば、その食品会社で販売している自社ブランド商品を株主優待という形で、プレゼントされると言うような形です。
株を持っているだけで、その株式会社の商品等がもらえるので、その商品が欲しくて株を保有している方もいらっしゃいますね。

たとえば、冷凍食品の会社では、冷凍商品といった具合で、優待品を金額換算して投資金額で割ると、時には10%を超える利回りになることもあるようです。

また、株主優待はオリジナルグッズでといったものなど、優待品はさまざまでレアなものもあるので楽しい面もあり、株主優待は、楽しみのひとつとして、個人投資家の間では定着しつつあるようです。

株主優待の雑誌で、「知って得する株主優待」には、1,000社を超える優待実施企業の情報を楽しく、わかりやすく紹介していて、雑誌の中身を見ているだけでも楽しくなります。雑誌の面白いところとしては、読者が選ぶ株主優待人気ランキングなどの紹介は、人気の紙面のようです。

優待内容や事業内容などをコンパクトにまとめて掲載しているので、株式に関心が無い人でも十分楽しめる部分があります。

もちろんのことですが、財務情報、株価チャートなど投資を検討するうえで欠かせない情報もでているので、株で儲けようと考えている人でも読み応えがあるかとも思います。

株の初心者の方が、株主優待を通して、株取引に関心を持ち、楽しむことができるならば、それも良いことではないでしょうか?
経済は堅苦しいけれど、これなら初心者の私でも楽しめるという方が、より一層増えてくれば、ある面経済の活性化にもつながるのではないでしょうか?

株主優待は、株投資のキホンかもしれないですね。

株式売買 初心者

株初心者は、まずチャートに慣れよう

経済ニュースが苦手な株式売買初心者にとって、とっつきやすいのはチャートのテクニカル手法の勉強からではないでしょうか?
株の値段から表されるローソクのような形をしたものが、分単位、日単位、週単位で上下に波打つように並んでいるのをみて、株の値段がどのような方向に行くのかを導き、株取引の判断とする方法がテクニカル手法と呼ばれているものです。

このローソクのような形で持って、株価(相場)の動きを図表で表したものを、チャート(ケイ線)といいますが、売買のタイミングを判断する目安や、株価が上がっているのか下がっているのかの判断材料になります。

たとえばある特定の銘柄について、どのような値動きを見せたかを、分または日単位での大引けの値段を線で結んだケイ線で表現するんです。

そうすると、月単位、日単位での過去の株の値動きがすぐにわかりますし、値段が上下に波打ったように見えるのですが、もし同じような値動きを見せている銘柄があれば、参考になるというものなのです。

テクニカル手法と言うものは、こういったチャートから株の動きを推測できるので、チャートを読むと言うのは大変に重要性があるのです。

個人の投資家から企業の担当者までいろいろな経済情報をもとに、株の動きを推測していくのですが、このようにチャートを利用して、株価の動きから相場を分析する方法を、テクニカル分析またはテクニカル手法などと呼んでいます。

テクニカル分析の大きな特徴は、チャートで表現される株価の動きが相場を動かす一番重要な要素であると位置づけていることだと言えます。

株価の動きをチャートから読み取ることで、パターンや習性を知ることができ、更に過去の株価の動きがよく分かるチャートを利用することで、いくつかのパターンを発見することで株取引に応用することができるわけです。

しかし株価を動かす材料には、このチャートから分かるものばかりでなく、様々なものがあるのも事実です。

特に株価の動きを決定する要素の中で、人の思惑という最後までわからない不安定な要素も含まれていたりするので、絶対にこのような動きをするとは断言できないわけです。

ですから、問題は、株チャートをどう活用し、チャートから何を読みとるのかが大きなポイントになってくるわけです。

株式売買の初心者がテクニカル分析で株取引に勝ちたいのなら、株チャートの重要性と読み方について、たくさんの関連する書籍がでているので、しっかりと研究して見るのが良いでしょう。

また、インターネットの中では、参考にすべき多くの情報が提供されていますので、そちらの方も参考にして見ください。

株取引におけるチャートについて、簡単にまとめましたが、テクニカル分析におけるチャートはおくが深いものがあり、絶対に100%というものはありません。
しかし、チャートから分かるいろいろな理論、法則なるものを身に付けることで、株取引における予測はしやすくなり、負けにくくなることも事実だと思います。

しっかりと株のチャートを勉強しましょう。

マネックス証券



株取引 未公開株

未公開株には儲かるチャンスが一杯!

皆さんは、未公開株と言うのをご存知でしょうか?
一般的に株と言った場合、株式市場で売買取引されているものを言いますが、この株式市場に上場されていないもので、今後上場されて公開予定のあるものを未公開株と言われています。

ところで、未公開株のメリットは何かといえば、大きな利益を上げられる可能性があるところです。
かなり前の話になりますが、超優良企業のNTTが株式を公開されるに当たって、公開されたら間違いなく高値がつくだろうと言うことが、ニュースにも取り上げられて非常に話題になりましたね。

このように、上場して株式公開するとなりますと、大きな付加価値が付く場合が多いわけです。
一般的には、その企業や会社の価値以上の株価が付く場合がほとんどのようで、時には、株価の価値が5倍や10倍になる場合もあり、大変魅力的でもあります。

未公開株を入手できることは、株で大きな利益を得ることが出来るといことです。

当然ですが、未公開株というのは大変人気が高く、大手の証券会社が引き受けになっていることが多いので、未公開株を手に入れるのは至難な技となっています。

しかし、メリットばかりでなくデメリットもあるので注意も必要です。

一番の注意点は、何と言っても本当に付加価値が付くか付かないかは、上場してみないとわからないという、メリットの相反する部分です。

株を未公開としている企業などの財務状況分析その他の情報は手に入りにくいので、上場後の株がどのようになるかの情報も入手しにくいという点です。

また、仮に未公開株を入手できたとしても、未公開株のままでは、他に売却することは大変難しいという点です。

すなわち、未公開株市場は、いざ株を売って現金が必要というときに、売却先が見つからなくて売れないというリスクを伴うこともおさえておくべきです。

さらに上場する前に急激に企業や会社の業績が悪くなった場合は、未公開株購入額より価値が下がってしまい、倒産してしまうと、未公開株は何の意味もない紙切れとなってしまいます。

未公開株について、売買の場を証券会社の業界団体である日本証券業協会が、<グリーンシート市場>を作って提供していますので、取引を良く観察してみることは大切です。

グリーンシート市場は、非上場会社の株式等を売買するために、平成9年7月からスタートさせた制度でもあります。
未公開株の株式を取引するマーケットになっているのです。

グリーンシート銘柄の取引を初めて行う投資家は、併せてグリーンシート銘柄の性格や取引の仕組み等について十分に理解して申し込むことが大切なことでしょう。

未公開株についてのメリット・デメリットについて、いくつか上げてみましたが、財務状況も良く、勢いがある企業の場合においての、株式上場を果たし公開となると、大概値が上がります。
当然のことながら人気も高いので、抽選などで未公開株を手に入れる形がほとんどですが、なかなか手に入りにくいのが現状のようです。

これからインターネット取引するならマネックス証券

・株、ミニ株、投資信託、債券など業界随一の商品ラインナップ

・逆指値でリスク管理もラクラク

・口座開設すれば市況概況や個別銘柄ニュースなど良質な投資情報が見られます

・口座開設費用は無料。今すぐ口座開設を!



<<前の10件  1 2 3 4 5  次の10件>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。