金相場

金属相場を知るなら田中貴金属相場を見よう

貴金属の相場で売買している人であれば、田中貴金属工業株式会社を知らない人はいないでしょう。

これから、貴金属の相場を始めてみようとか、少なからず関心があるのでしたら、田中貴金属相場と言うものを知っておいたほうが、よろしいです。

田中貴金属相場とは、田中貴金属工業株式会社が行う地金売買の価格のことを意味しています。

田中貴金属工業では、田中貴金属相場における地金売買だけでなく、プラチナやゴールドなどの精製や分析、それに工業製品製造や販売も行っている日本において、貴金属の相場に影響を与える大企業であります。

田中貴金属工業は、1978年にゴールドの完全輸出入自由化に伴って、ロンドン金属市場公認溶解検定業者として認定され、これにより、国際金市場で金地金を製造する資格を得ました。

このことは、日本国内では、田中貴金属工業が初めてのことでした。

田中貴金属工業で精錬される品質の高い金地金は、世界中の市場で取引されています。

田中貴金属工業は、全国的な貴金属の売買ネットワークを整備していて、金地金や地金型金貨の売買を即座に行うことができる日本トップの企業でもあります。

日本最大ということもあり、こうした金地金の売買取引は、田中貴金属相場において行われているのです。

田中貴金属相場は、インターネットの普及に伴い携帯電話のモバイルによって確認することもでき、非常に売買しやすい環境を提供しています。

このことは、全国どこにいても、いつでも田中貴金属相場を知ることができ、また売買が携帯電話で行えるので、田中金属相場を知ることは、貴金属の相場を知るに等しいわけです。

また、大変嬉しいことに、田中貴金属相場の携帯電話での情報提供は、無料で行われているという点です。

田中貴金属相場でゴールドを売買する場合なのですが、1グラム単位で価格が表示されていますので、その価格掛けるグラム数で売買代金が算出でき、金の取引をしたい時に簡単に金の相場がわかり、お手軽にできます。

ただし、注意していただきたいのは、500グラム以下の売買においては、田中貴金属相場では、手数料が必要になることです。

田中貴金属相場において、売買手数料がかかる場合、その金額は購入の場合も買い取りの場合もほぼ同じで、100グラムあたり5250円となっています。

グラム数が少なくなると手数料も当然減ります。

株式相場が下がると、金相場は上がるという図式ができていますので、幅広く投資をするのであれば、田中貴金属相場も視野にしっかり入れておいた方が良いでしょう。

投資のリスク軽減にもなると言うわけです。

先物取引

銅相場は銅取引の先物取引です

一時、銅線が大量に盗難にあったというニュースが立て続けて流れていましたが、何でまた銅線などを盗むのかと不思議に思った方は多かったと思います。

この盗難の原因は、銅線の値段が高騰したことによるのもので、銅線が市場で先物取引をされていて、その先物取引における高騰を意味しています。

銅相場というのは、市場先物取引での銅の取引を意味しています。

銅線を盗難した人は、間違いなく銅相場の高騰をよく知っていて、銅線が高く売れることを知っている人だと言えます。

このことは、銅が高い値段で売れることを知っている社会の裏を反映したものと言えるでしょう。

ところで、この銅市場では、銅建値という単位を使い、取引されています。

これは、先物市場で銅をいくらで何キロ契約したかを表す単位を銅建値として表します。

1建値で40万円(2008年11月19日現在)くらいですが、重さがトン単位となっています。

銅の取引をする銅相場ですが、NY銅相場の他、ロンドン金属取引所で取引されていて、ここでの取引価格が銅相場となります。

ロンドン金属取引所は、London Metal Exchangeが正式名称で、その頭文字をとったのがLMEと表記されております。

LMEの銅相場のことを、銅LMEと呼んばれています。

LME(ロンドン金属取引所)では、銅に限らず、アルミや鉛、亜鉛なども取引されていて、これらの非鉄金属のLMEでの取引価格が、国際的価格指標となっています。

銅価格を株取引でもおなじみのチャートで示す場合には、たいてい1ポンド(約454グラム)で何ドルになるかをグラフで表すようになります。

それ故に、1ドルが何円になるかといった円ドルの為替レートの動きを示す為替相場によっても日本の銅相場は大きく影響されるので、注意が必要です。

その他、銅相場に大きく影響するものとしましては、LME銅在庫チャートです。

このチャートは、LMEが指定した倉庫の銅の在庫数量がどれくらいであるかを示していまして、現物量の参考指数を示しているともいえます。

つまり、LMEが指定した倉庫の銅の在庫数が減少すれば、銅価格は上昇し、在庫数が増えれば銅価格は下がるといった形になります。

この銅相場についてチェックをすることは、銅相場での先物取引をする人ばかりではなく、銅を扱う関連会社の株式投資にも役立ちますので、非鉄金属の株式を取り扱う人たちは、チェックを入れているはずです。

もちろんのことですが、商品先物としての銅への投資の指針にもなるはずです。

銅相場に関しては、銅関連会社のホームページで詳しく閲覧することが出来ますので、一度ご覧になってみてください。

銅関連会社の株取引をしてみようとするならば、銅相場についてもチェックが必要だということです。
このチェックは、ファンダメンタル分析の一つでもあり、十分に役に立つはずです。


金相場

今が注目の金相場です

皆さんは、金相場についてよく分かりますか?
たまにニュースで話題になるくらいで、実際に金の取引でお金を儲けると言うのはごく少数の方がやっていることなので、分かりにくいところが多々あります。

金相場について少し調べてみました。

金相場とは、金の相場のことで、これは世界市場で取引されているもので、とてもブローバルな取引のようです。

金相場は、株や債券などの値動きとは逆の値動きをするため、証券市場があまり振るわない時に注目されますので、2007年のサブプライムローン問題以降は特にその値動きに注目が集まっています。

もし、これから自分の資産を株や債券などの財テクで増やそうと考えているのでしたら、金相場も考慮した分散投資を考えて見ることをお勧めします。
リスクを分散できると言えるでしょう。

株や債券は、その企業が倒産したり大暴落した時などは、価値がほとんどなくなってしまい、一枚の紙切れ同然となります。
しかし、金相場の場合には金そのものの価値が残りますので、価値がゼロになると言うことはありません。

金相場の世界市場は、ロンドン、香港、チューリッヒ、ニューヨークにあります。

特にこの四つの市場は、大金市場と称されるくらい頻繁に取引されていて、金の取引値段が決められています。

この四つの市場の中でも、特にロンドン市場で決まった金相場というのは全世界の相場に影響を及ぼすと言われているので、ロンドンでの値動きは注目しなければなりません。

金相場は現物の直接取引きではなく、金の先物取引なので、他の先物取引のような大豆や貴金属や農産物と同じように、将来の一定期日で決めた価格や数量で決まる取引となっています。

金相場で利益を上げるには、金相場が安定している時、安いところで金を購入し、金が上がれば売り、金相場が高い時には先に売り、下がれば買い戻すといった形で取引すると言うものなので、株取引同様にファンダメンタル分析やテクニカル分析が用いられています。

日本においてはどうかと言いますと、金相場が商品先物取引ということもあり、東京工業品取引所で取引されています。

一般に金相場で投資する場合、地金(現物)と金先物(商品指数)があります。

地金は、実際に金の塊を一キロ単位で取引していますが、金の塊にする為の加工料などが必要となる為、それが金の価格にも多少なりとも影響してきます。

金を1キロ取引するにはだいたい300万円ほどの資金が必要となるので、地金の取引にはまとまったお金が必要となります。

金先物取引では、10万円以下で取引することが出来るので、金先物取引の方が取り組みやすいといえるでしょう。

投資と一口に言ってもいろいろとありますので、どれか一つに限るのではなく、リスク分散も考慮しながら、こう言った金相場に目を向けてみるということも必要でしょう。
その他の貴金属類の相場も先物取引としてありますので、調べてみると面白いかもしれません。


為替相場

為替相場は経済の動きを示す指標

初心者ならずとも円とドルの為替相場については、テレビのニュースなどで何度となく聞いていることでしょう。
日本は貿易大国ですから、この為替相場の動きによって、景気が大きく左右されることは、ご存知かと思います。

テレビでは毎日、東京為替市場の円相場を伝えていることは、大企業はもちろんのこと中小企業なども含めて、日本の経済に大きな影響があるということを示していると言えます。

ところで、円相場がいくらであると価格を伝えていますが、この価格は円の世界市場における取引価格を示しています。

そして、為替相場とは、為替レートとも呼ばれ、円に限らず各国の通貨取引の相場のことを指しています。

金融機関における市場には、債券現先市場やレポ市場、CD,CP市場などのオープン市場と、金融機関同士で資金の過不足調整のために取引をするインターバンク市場とがあり、為替相場は、このインターバンク市場で取引される取引相場だと言うことです。
ちょっと分かりにくいですが、軽く頭の隅にでも置いておくと良いと思います。

これらオープン市場やインターバンク市場は、すべて電話や電子端末を使って取引されているので、一瞬のうちに世界各国と為替相場取引をすることができるようになっています。

古い話となりますが、1973年まで為替相場は固定為替相場制が取られていました。

それ以降は、外国為替市場では変動為替相場となり、各国の経済状態に応じて交換比率レートが変動するになりました。

ただし、変動率があまりにも大きくなりますと、経済に与える影響がとても大きい為に、日本銀行や財務省が為替相場にドル買いや円売りなどの介入を行い、変動幅を最小限に留めるようにしています。

為替相場は、各国の取引時間に合わせて取引されていますので、相場は24時間動いています。

為替相場というと、一般には円とドルの交換比率を指すことがほとんどです。
中にはEUの通貨であるユーロとの交換比率を指す場合もありますが、ごく一部に限られています。

世界各国の経済の根幹を成す銀行が取引をしていますので、毎日発表される為替相場が、それぞれの国の経済状態を表していると言っても過言ではありません。

この為替相場は、株や世界各国の経済に大きく影響を及ぼしますので、FX・外国為替証拠金取引や株取引をしようと考えている人はもちろんのこと、会社勤めの人や自営業の人も関心を持たざるを得ないでしょう。

投資家と言われる人達は、こうした為替相場を把握し、将来を予測することによって、投資信託などを運営したりしているのです。

最近、特に流行となっているFX・外国為替証拠金取引は、この為替相場においてお金を稼ぐと言うもので、大きく利益を得ている人や、損失を出している人など、ハイリスクハイリターンの取引です。
取り組むのであれば、しっかりと取引の勉強や練習をしましょう。


先物取引

証券会社の株価予測は債券先物取引の動向を見て

株取引などの投資の勉強を進めていきますと、債権についても知っておくと役に立つことがたくさんあります。
債権も投資の一種でありますから、きちんと理解しておいて損はないです。

債券というのは、政府や地方公共団体および企業などが、たくさんの投資家からお金を調達するための有価証券のことです。

ここで言っている企業というのは、株式会社を指しています。

そして、債券先物というのは、将来の特定の日にあらかじめ取り決めた価格で、特定の債権を売買することを約束した取引をすることです。

この場合で言っている取引というのは、現時点で約定した価格で取引するということを指しています。

債券先物は、東京証券市場に上場されていて、債権投資家の間で取引されています。

ただし債券先物には、償還期限があり、中期国債先物なら5年で、長期国債債券先物なら10年となっております。

これらは、実際に有価証券として発行されているわけではなく、標準物と呼ばれていて、架空の債券で取引されます。

債券先物には、限月と呼ばれる受渡期日があり、限月は、3月、6月、9月、12月となっていて、20日が受け渡し日と決まっております。

債券先物取引の受け渡し方法には、二つの決済方法があり、再建先物取引をするのならしっかりと理解しておく必要があります。

まず、その一つは、受け渡し方式と言いまして、現物債券を期日に受け渡す方式。

もう一つは、差金決済方式で、先物取引の期日までに売り買いという反対の売買をして、その差益分を決済する方式。

債券先物の値動きが将来の株価の動向を示すことが非常に多いので、株式のアナリストや株主達は債券先物の価格がどのように動いているかついて、いつも注意を払っております。

債券先物の現状を知るには、債券市場に注目しておかなければいけません。

ほとんどの証券会社は、債券先物の価格動向を見ながら、翌週の株価予想をしています。
証券会社によって多少の見方の違いはありますが、債券先物で株価の予測が出来ると言えるでしょう。

債券先物は、取引額が大きいことから、個人投資家でも特定の方となり、一般的には馴染みが薄いと言えるでしょう。

ニューヨークダウ 先物取引

株取引にニューヨークダウ先物はかかせない

株取引のプロの方はもちろんのこと、初心者の方でも必ずニューヨークダウと言う言葉は、馴染みが深い言葉でしょう。

ニューヨークダウのダウという言葉は、ニューヨークの人の名前から付けられ、アメリカの株取引のメインであるウォール街がニューヨークにあることから、通称の呼び名となっています。

ニューヨークダウという言葉は、株取引をする人はもちろんのこと、世界中の人々の中でも馴染みの深い言葉となっています。
一方、ニューヨークダウ平均は、株価のテクニカル分析をする上で、とても有効な指数となっています。

もともと先物とは、将来の株価を予測した価格のことを指しています。
そこで、ダウ先物は、ニューヨークダウの将来の株価平均から予測し、算出されたものなので、株価の予測と言う観点からもとても重要な数値となります。

日本においては、日経とダウの取引時間が半日ほど違うことから、夜中のニューヨークダウ先物の取引価格を一つの指針にして、日経平均の次の日の株価を予想するといったテクニカル分析をすることが非常に多いです。

一般的には、ダウ先物と日経平均は連動することが多いので、ダウ先物が上がれば、日経平均も上がると考えられているようです。
株取引に絶対と言う言葉はありませんので、注意しないといけないですが、概ね連動しているようです。

連動していると考えれば、ダウ先物の指数を重視することによって、日経の株の現物取引や、日経平均先物などの価格が次の日どのように動くか、予想がしやすくなると思います。

世界中がニューヨークの株価に注視している事から、世界の株価指数が落ち込みを見せた後は、まずダウ先物の指数から、戻りを取り戻してくることがとても多いです。

世界の株取引市場を見ていますと、欧州株価やシカゴ、それに、ニューヨークの株価が下げた後、ダウ先物が戻りを見せてくると、全体的な株の指標も戻りを見せることが多いので、ダウ先物の動きをよく観察する必要があります。

大げさな言い方をすれば、ダウ先物が世界の相場を動かすといっても過言ではないかも知れません。

日経平均が下がり続けている時は、日経平均がどの時点から上昇するかということに、誰もが注目をしているはずです。

その上昇に切り替る時点を予測するのに、ダウ先物が有効であると言えるでしょう。

ダウ先物の動きをよく観察して、日経平均、しいてはここの銘柄などの動きを予測し、勝つ株取引をしましょう。

先物取引 日経225先物

株初心者でも取り組みやすい日経225先物取引

株取引を始めたばかりの初心者の方ならば、必ず日経平均の動きに対して関心を持たなくてはならないです。
そして、その日経平均株価指数の中でも日経225先物は、その代表的な先物取引として、絶えず注目しなければならない株価指数でもあります。

日経225先物とは、日本経済新聞社が選んだ225社の株価を基に修正平均し算出した指数なのですが、225社は日本の代表的な企業を選出してありますので、大変注目しなければならない指数です。

日経225先物の指数を観察することにより、日本企業や経済の姿をおおよそ読み取ることが出来るでしょう。

日経225先物取引の売買において、株取引同様、将来の日経225が上がると考えれば、買いの取引を行いますが、この取引を買建と言います。

逆に、将来は下がると予想するならば、売建と言って、信用取引を行ないます。

この買建と売建の取引売買をすることを通して、売買差益としての利益を得るための取引をすることになります。

以前は、日経225は、売買手数料が高いせいもあってか、プロの投資家だけのものだと考えられて、株初心者はもちろんのこと個人投資家なども敬遠する傾向がありました。

ところが、最近では数多くのネット証券が日経225先物を扱うようになり、手数料がかなり安くなり、個別銘柄の株取引よりも分かりやすく、システムトレード向きというところもあり、人気が出てきています。

そこで、多くの個人投資家の方が、日経225先物の取引を始めるようになりました。

日経225先物の大きな特徴は、株取引のように複数の銘柄を取引すると言うものではなく、日経225先物の1銘柄だけの取引で利益や損失が決まるため、ハイリスクハイリターンの取引であるとも言えます。

日経225先物は、通常の株の取引時間において、一般の後場の取引終了時間が10分長くなっているのも特徴です。
その他、株取引と比較しますと、倒産や上場廃止という危険がなく、少資金で始めることができ個人でも取引しやすい(miniは6万円から)、「金利」や「貸株料」が必要ないなどが上げられます。

同じ先物取引と比べますと、売買効率や、流動性という意味においては、日経300やTOPIX先物よりもずっと高くなっていて、取引しやすいところがあります。

その理由としては、日経225先物は、日本の証券取引所だけで取り扱われているのではなく、アメリカのシカゴ・マーカンタイル取引所やシンガポールのシンガポール証券取引所でも取引されているので、先物価格の予測がしやすいところがあるからです。

そして、最近では海外の証券取引所で日経225先物の取引がされるだけでなく、一般の個人投資家の増加によって、さらに流動性が高くなっているなどが、理由として上げられます。

日経225先物も当然、投資の一つであり、株取引における銘柄選びをする必要なく、株取引同様の投資ができるという点で、日経225先物取引は、株初心者でも十分に儲けることができる投資ではないでしょうか?

ルールは簡単!はじめよう!ミニ日経225先物



先物取引 シカゴ先物

日経平均を予測するのにシカゴ先物が良い判断材料になる

株取引で儲けようと勉強を始めたら、知っておいた方が良いのが、日経平均についてでしょう。
株の個別の銘柄だけでなく、全体の指標でもある日経平均についての理解も大変必要となっています。

その日経平均が先物として取引されているので、この先物の動きを注意することで、全体の動きも先取りできます。

日経平均先物は海外でも取引されており、株式市場や、株に関する情報の中で、CMEと表示されているものがありますが、これが、シカゴ・マーカンタイル取引所で取引されている日経平均の先物取引です。

シカゴ先物などと呼ばれているものです。

シカゴ先物は、株式を取引する場合に大変重要な指標となりますので、しっかり注意しましょう。

なぜなら、シカゴ先物の価格の上げ下げによって、その日の日経平均が大きく左右されるからなのです。
アメリカのシカゴでの取引が日経平均を左右すると言うのも、どことなく奇妙な感じもしますが、株の世界はグローバルなのだと言うことを理解すべきでしょう。

日経平均の予測をしようと思うならば、シカゴ先物の値段をしっかり見ることが必要になると言うことです。

絶対と言うわけではないですが、CMEが前日200円以上あがっていれば、その日の日経平均は、全面高になる可能性が非常に高くるようです。

逆に、シカゴ先物が200円以上さがるようでしたら、その日の日経平均は全面安となる可能性が極めて高いと言うことなのです。

そして、日経平均の動向は、個別銘柄に与える影響も大きいので、このシカゴ先物には注意が必要なのです。
ですから、株の取引をするなら、必ずこうした先物の値段をチェックしておくことで、売買の戦略を立てやすくもなりますので、重要なことなのです。

株を取引するためには、出来るだけ多くの情報を収集することが何よりも大切であり、成功につながる可能性が高いからです。

インターネットで取引をする場合、どのネット証券会社でも、シカゴ先物を載せていることが多いので、よく注意してみてください。

シカゴ先物の情報は、その日の日経平均に影響を与えますから、要チェックなのです。

日本の日経平均とシカゴ先物の取引時間は、シカゴ先物が先になりますので、よけいにシカゴ先物の価格が日経平均に影響するわけなのです。

ですから、シカゴ先物は、次の日の株式情報の一つとして利用されていると言えますので、重要な情報になるのです。

現在、インターネットでシカゴ先物取引の様子を知ることは、いくらでも出来るので、大いに利用しましょう。

日経平均の株を取引する人は、CMEの数値の見方をきちっと覚えておくことが、まず優先事項でしょう。

私は個別銘柄の取引中心だから、日経平均はあまり関係ないと考えていると、株の値動きの方向性を見誤る可能性もあります。
株式市場に参加している人の多くの人が注目している情報は、私のしっかりと注目して、その予測が一致するようにすることがやはり大切でしょう。

ルールは簡単!はじめよう!ミニ日経225先物



先物取引 日経225先物

日経225先物は、レバレッジで儲かるぞ!

先物取引に多少なりとも不安を感じている人にとっては、日経225先物取引と聞くと何となく敬遠したくなるかもしれませんが、金や大豆などの商品を取引するのではなくて「日経225の株価指数」を取引するものなので、株取引の経験があれば馴染みやすいものです。

日経225先物取引とは、将来の日経平均を予測して、日経平均株の指数を売買することを意味する取引です。

最近では、売買単位が10分の1のミニも登場してきて、更に注目を浴びている取引です。

現物株の売買とは違って、この日経225先物取引では、買いから始めるだけでなく、売りから始めて、安くなった時に買い戻すということが出来るなど、売買が両面から出来ます。

また、日経225先物取引を取り扱うことの利点としましては、現物株の取引においての指標の一つとして利用が出来ることと、株式の売買の方向性の情報を得ることが出来ることなどだと思います。

現物を取り扱う場合には、企業が倒産してしまう時などのリスクが大きくありますが、日経225先物取引は現物株のようなリスクがより少なくて済み、情報も取得しやすいなどの利点があります。

最近では、こうした日経225先物取引のメリットを重視して、個人投資家が参加してくる割合が多くなって来ているようです。

ただし注意しておかないといけないのが、税率においては株の取引と同じ20%ですが、損益通算は株取引と一緒にすることはできないという点です。
損益通算が出来るのは、株価指数先物やオプション取引、それに商品先物取引だけとなっていますので、納税をする際に、十分気をつけていただきたいことだと思います。

納税などの理由から、日経225先物取引の売買を行なう際には、株取引と一緒に損益を考えないように気をつけてください。

また、株取引と同様に、ロスカットのルールを作って日経平均先物を取り扱う必要があります。

ちなみに、値段の刻みも10万円となっていて、刻み一つで1万円の損益となり、値動きも激しいです。

また、一般的な先物に証拠金が必要なように、日経225先物取引にも証拠金が必要です。

日経225先物取引では、62万円から75万円の証拠金が一つの取引で必要となります。

日経平225先物取引は、FX取引で良く聞くレバレッジや追証がありますので、大きく儲けることも出来ますが、リスクも高いところがありますので注意が必要です。
ロスカットをしっかりとして、利益を上げられるように頑張りましょう。

ルールは簡単!はじめよう!ミニ日経225先物



先物取引 種類

金の先物取引は最低12万円から取引可能

初心者にとって、株についていろいろと勉強しますと、先物取引もその範疇に入ってくるかと思います。
先物取引についても、いろいろと知っておきますと、資産形成に役に立つことがあるでしょう。

先物取引といいますと、有名な取引として、の先物取引が上げられますね。
昔から、世界各地で金の取引は行なわれていて、その貴重性はいうまでもないものがあります。

金の取引には、現物取引と先物取引の二つがあるのは、ご存知かと思います。

現物取引は、一般的に貴金属店での売買に該当しますが、金先物は、何ヶ月か先に予約して取引すると言うものです。

予約取引なので、実際に決めた予約日の時に、価格が下がっていても上がっていても、決めた価格で取引されるようになっています。

基本的に取引は、先に買い付けを行って、上がった時に売れば、売買益となります。
その逆に、先に売って、後から買い付けるという方法もあり、株で言うところの信用売買が出来ます。

金先物が、他の先物と大きく違う点であり、注目すべき点は、最初に支払う証拠金が、実際の金の取引の金額よりも少ない金額であると言う点です。

もし、現物取引なら、1kg320万円ほどの資金が必要ですが、先物取引では、最低12万円ほどで取引することが出来ることは、小額での投資が出来るということです。

金先物を取り扱っているのは、日本では東京工業品取引所です。

金の主要なマーケットとしては海外では、ニューヨークのCOMEX、ロンドンではフィキシング、中国では香港や上海、それにオーストラリアではシドニー、スイスのチューリッヒなどで取引されていて、取引の歴史は長いものがあります。

日本における金先物は、日本で唯一の公設貴金属先物市場である東京工業品取引所で取引され、ここで金価格はオープンに決められています。

また、金の先物取引には、金倉荷証券(きん・くらにしょうけん)を発行して、金地金(きん・じがね)を保証するような制度となっています。
この証券や金は、倉庫会社が保管しており、安全性が高いです。
金先物を取引するには、この倉庫会社に対して、保管料を支払わなければなりません。

もしも、この倉庫会社から金を持ち運びしようとする際には、年間一kg9000円の保管料と、手数料300円が必要となっているようです。

金価格が上昇する主な原因としては、金の需要の増加以外に、金の産出国で非常事態が起きたり、インフレーションで物の値段が上がったときなどです。

先物取引は、ある種特別な世界にも思えますが、内容を知ってみると決して、特別なものではありません。
単語の読みや意味が難しいというのが、玉に瑕ともいえます。

ルールは簡単!はじめよう!ミニ日経225先物



<<前の10件  1 2 3 4 5  次の10件>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。