初心者 外貨預金

あなたの資産形成に外貨預金はいかが?

ここ数年、FXに代表されるように、外貨の取引に注目されてます。

FXは外貨のトレードですから、その取引には、メンタル的なところ技術的な部分など、いろいろと難しい面もあります。

それに対して、いわゆる預金としての外貨を考えて見ますと、外貨預金というのが、リスクが比較的低いので、外貨預金というのをお奨めしたいと思います。

外貨預金というのは、特別な銀行のみで扱っているものではなくて、日本を代表し、大概知っている大手銀行の三菱東京UFJ銀行などでも、外貨預金を扱っているのです。

三菱東京UFJ銀行は、銀行としての信用格付がA+と言う評価を受けている優良銀行です。
三菱東京UFJ銀行に口座を持っている方も多いことかと思いますので、親近感を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

三菱東京UFJ銀行で外貨預金をした場合、預金の額や取引の金額によって、金利が違ってくる設定となっていまして、これが大きな特徴とも言えます。

金利のみならず、為替手数料についても、十分納得いく設定になっていると思います。

例えば、アメリカドルの為替手数料は1ドルにつき2円で、一般的な設定です。

そのほかの通貨では、ユーロで3円、オーストラリア、ニュージーランドドルで4円となっていて、取引量の多い通貨の手数料は低くなっているのです。

一方、イギリスポンド、スイスフランは8円と高くなっていますので、これらの通貨での外貨預金は、考え物かもしれません。

日本の普通預金と、定期預金もそうですが、アメリカドルにおいて、外貨普通預金より外貨定期預金の方が金利が高くなっていますので、この辺の考え方は、いわゆる預金と同じです。

外貨預金でも、長期に渡って預金をしておこうと考えるならば、外貨定期預金を考えてみてはいかがでしょうか?

しかし、やむを得ない事情でどうしても中途で定期預金を解約しなければならない場合もあるかもしれません。

外貨定期預金も日本の定期預金同様に、原則として中途解約はできないことになってはいます。

ただし、銀行側が事情を認めた場合には、この限りではないので、解約することが可能です。

中途解約の場合、預け入れ開始日から解約日までの通貨の金利は受け取ることはできるのですが、この場合の金利は、外貨的預金の金利ではなく、外貨普通預金の金利が適用されるようです。

定期預金としてではなく、普通預金扱いになると言うことです。

外貨定期預金を途中解約すると言うことは、お奨めではないですね。

最後に取引時間についてですが、メンテナンスや年末年始を除くと、インターネット、モバイルバンキングは24時間体制で対応していますので、円通貨での預金とそれほど差は無いように思います。

この場合の為替レートの変動は1日1回に限られていますので、その辺を理解しておきましょう。

外貨預金には、いろいろなリスクもありますが、FXほどリスク高くはありません。

日本通貨の預金と比べますと、金利は高いですから、資産形成に外貨預金も候補に入れて考えてみるのはいかがでしょうか?


これかの経済をしっかりと見定めるなら、ダイヤモンド社の経済誌は必須と言えるのではないか?



投資は情報が命だ、確かで信頼の置ける情報をいち早く掴むことが、投資で勝つ秘訣であることは間違いない。

初心者 外貨預金

外貨預金の手数料について

NHKの夜7時からのニュースでは、外国為替市場が開いている日は、必ずその時の日本円がいくらで取引されているかの情報を表示します。

日本の経済が世界と密接に繋がっていて、そのつながりの指標の一つが為替レートだというのです。

為替レートは、当然のことながら、外貨預金にも影響しますし、為替市場で取引するには、それなりの手数料が掛かるというわけです。

ですから、外貨預金を始めるということは、日本円と外貨を交換して、預けるということになり、取引の時に手数料が掛かるようになっているのです。

預け入れる時も、引き出しする時も、同じことです。

通常、日本円で預金をした場合は手数料は掛かりませんが、外貨預金をする場合は、この取引の際の為替手数料が掛かるのが大きな違いです。

外貨預金を始める時、満期で受け取る時、満期ではなくても途中解約で現金を引き出す時にも、この為替手数料は掛かります。

手数料が掛かるというのは、以外とネックではあります。

一般的には、アメリカドルで取引をした時(ドル建て預金)には、1ドルにつき往復2円の為替手数料がかかるようです。

この為替手数料は、金融機関によって多少の違いがあります。

平均的な為替手数料が、1ドルにつき往復2円掛かるということです。

もちろん、アメリカドル以外の通貨の場合、手数料は違って来ます。

例えば、ニュージーランドドルですと1円〜5円などとなり、銀行によってかなりの幅があります。

銀行によって、同じ通貨であるにもかかわらず、手数料が違うのか?

手数料の違いは、その銀行がその通貨でどれほどの量の取引をしているかによるからだです。

どこの銀行でも最も取引量の多いのは、アメリカドルです。

取引量が多いので、手数料が安くなります。

しかし、取引量が少ないニュージーランドドル、カナダドル、イギリスボンドなどは、どうしても手数料が高く設定せざる得ないのです。

すなわち、通貨の取引量が増えれば為替手数料は下がります。

取引量が減れば為替手数料は上がると言うわけです。

海外旅行をするなどの時には、安全の面から考えて、現金以外のトラベラーズチェック(T/C)を持って行くことが多いと思います。

トラベラーズチェックで預け入れや引き出しをする時の注意点としては、現金より安全ですが、為替手数料と通常の手数料が掛かるということです。

さらに銀行の窓口に直接自分で外貨を持ち込んだ場合でも、取引の内容や通貨の種類にかかわらず、別途手数料が請求されるので注意してください。

要するに、どんな取引をするにしても外貨預金に関しては手数料がかかると言うことなのです。

外貨預金は、手数料が掛かりますが、現在、為替レートは円高基調であることを考慮しますと、日本円での預金よりは、確かにうまみがあることも確かであります。


これかの経済をしっかりと見定めるなら、ダイヤモンド社の経済誌は必須と言えるのではないか?



投資は情報が命だ、確かで信頼の置ける情報をいち早く掴むことが、投資で勝つ秘訣であることは間違いない。

初心者 外貨預金

銀行の外貨預金をしっかりとチェックすべし

日本銀行に普通に預けても、金利が安くてうまみが無いですね。

定期預金というてもありますが、安心感は一番ですが、やはり金利が低く、ある程度の額を預けなければ、うまみが低いです。

それで、預金という観点で探してみますと、外貨預金という手がありました。

外貨預金と聞きますと、外国の銀行に口座を開設して預けると思っている方は、多いかと思いますが、実は、日本の銀行でも外貨預金を扱っているのです。

預金と言いますと何かしら安心感が感じられ、投資信託や株取引のようなリスクが少ないものと思っている顧客が多く、利用客は増える傾向にあるようです。

大抵、外貨預金はアメリカドルで預金している人が多く、次いでユーロとなっているようです。

NHKのニュースでも、為替のレートをアメリカドルとユーロについて、毎日発表していますから馴染みがありますね。

その二つの通貨のほかに、オーストラリアドル、カナダドルなどを扱っている銀行もあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

もちろん、取り扱い通貨の種類は、銀行によって多少違いがありますが、大体、上記の4つの通貨が多いでしょう。

外貨預金の場合の顧客の利益は、金利と為替差益となります。

そして、銀行側の利益は、外貨を預入時と、払戻時に発生するような仕組みになっています。

外貨による預け入れですから、外貨預金を取引する場合、為替レートの影響を受けるのは当然です。

銀行は、その取引の仲介として、為替レートを手数料の分だけ上乗せして利益を出しているのです。

外貨預金を取り扱っている銀行としては、他の銀行との違いを、独自色や、顧客のメリットを明確にして販売しています。

そこで問題になるのは、そのような銀行の中から、どうやって自分に最適な銀行を見つけるかということになります。

一般的には、金利や手数料で判断しがちになりますが、本当に大切なことは自分のライフスタイルをしっかりと把握して、最適な銀行を見つけることだと思います。

例えば近い将来、海外出張や海外旅行を考えているとか、あるいは海外留学などを具体的に計画しているとすれば、外貨預金は最適な預金となることでしょう。

しかし、単に円での預金に金利が期待できないから(大体の方は、このように考えている)、外貨預金の為替差益で儲けたいという考えは、お勧めはできないです。

なぜなら、外貨預金は為替レートの変動を受けるというリスクと、預入時の手数料が高くて、結果的には損してしまうことも十分にあり得るからです。

銀行によっては、手数料が安い、無料などの条件を謳っているところもあります。

しかし、手数料が無料だとしても、ある一定の金額以上の預金をしておかなければ口座管理料が必要になるケースもあり、手数料以外で高くつく場合があるのです。

外貨預金をする際には、各銀行のメリット、デメリットをしっかりと調べるか、もしくはきちんと説明を受けてから、外貨預金を始めましょう。



これかの経済をしっかりと見定めるなら、ダイヤモンド社の経済誌は必須と言えるのではないか?



投資は情報が命だ、確かで信頼の置ける情報をいち早く掴むことが、投資で勝つ秘訣であることは間違いない。

初心者 外貨預金

円高と言われる今、外貨預金はおもしろい

外貨預金の魅力は、何と言ってもその金利の高さではないでしょうか?

もちろん、現在、アメリカの金利引き下げ政策は、日本と比較しても大差が無い為、アメリカドルによる外貨預金は、うまみが少ないと言えます。

ただ、その他の外貨は、まだ十分に金利は高いので、円高の今、日本で預けておくよりは、十分に面白いところがあるのではないでしょうか?

いろいろな銀行における外貨預金の金利を見る限り、例えば定期預金などの国内預金の金利と比較しても、一般的に大きい状態であることには間違いないといえます。

外貨預金として選んだ通貨が、流通している国の政治情勢や経済状態によって、この金利は均一ではなく異なって行くのは、当然なことです。

では、金利の変動が、経済状態と密接に結びついているのは分かると思いますが、ではどのようになっているのか見ていきましょう。

経済は生き物と言われるように、人の営みから生み出されるものです。

たとえば、経済状態が活発で好景気であり、国としての経済成長が続くと思われる国の場合、金利は高めになると言えます。

具体的には、一昔前のインドや中国が上げられます。

世界同時不況で、これらの国も急ブレーキが掛かっていますが、長期的に見ますと、経済の成長は上向きであると見るべきでしょう。

この他にも、インフレ傾向と呼ばれる過熱した景気の影響で、急激に物の値段が跳ね上がっている時も金利は高くなる傾向にあります。

このインフレ状況は、南米大陸の国家や、オセアニアの国々に多く見られます。

逆に、不況で経済が低迷している時、いわゆる不景気の場合ですとか、国家としての経済が成熟しきっているだけでなく、将来に渡ってもあまり成長が望めない場合などは、金利は低めになります。

これらは、ヨーロッパの先進国のイギリスやフランスなどに多く見られると言えます。

外貨預金として選ぶ通貨が使用されている国の経済状況というものは、金利に大きな影響を及ぼします。

外貨預金の場合、ある程度、長期に運用するので、マクロ経済的に経済の成長を観察していくことが大切だともいえます。

外貨予期を扱う銀行によっても、外貨預金の金利は変わって来ます。

なぜ違いがあるかと言いますと、金利、取り扱い手数料等は、銀行独自の判断で自由に設定できることになっているからなのです。

大体ですが、大手銀行と中小銀行を比較しますと、大手銀行のほうが高めの金利であったり、低めの手数料の商品としていることが多いようです。

また、インターネットを専用とする銀行も増えていますので、これらもチェックした方が良いでしょう。

インターネット専用の銀行の場合、一般の銀行と比較しますと、人件費や施設代などの経費がかからない分、金利や手数料に大幅に還元している銀行もあるようです。

インターネットに慣れている方なら、インターネット専用の銀行に外貨預金口座を一つくらい持っておいても損はないと思います。

いわゆる銀行の窓口で相談するのも良いですが、インターネットのサイトなどで金利や手数料を調べて置いて、比較検討してみるのも良いでしょう。


これかの経済をしっかりと見定めるなら、ダイヤモンド社の経済誌は必須と言えるのではないか?



投資は情報が命だ、確かで信頼の置ける情報をいち早く掴むことが、投資で勝つ秘訣であることは間違いない。

初心者 外貨預金

グローバルな貯蓄を考えるなら、外貨預金で

急激な円高による経済への打撃から、一転円安方向に向かうなど、為替の動きには、激しいものがあります。

このように為替の変動が激しい時には、外貨預金は慎重に対処しなくてはいけません。

実際、外貨預金を現実的な問題として考えた時に、まず考えるべきことは、どこの銀行で、どんなタイプの外貨預金を、どこの国の通貨で預金するのかと言うことを、慎重に検討すべきことであります。

外貨預金とは言うものの、実際に外国の銀行に口座を開設して預金するわけではありません。

外貨預金というのは、日本の銀行に外貨を利用して預金をするということなのです。

外貨預金を取り扱っている銀行のほとんどは、大手のメガバンクや都市銀行などです。

有名なところを幾つか上げてみますと、三菱東京ufj銀行や、みずほ銀行、シティーバンク、新生銀行、ソニー銀行などでも受付ています。

各銀行によって金利や手数料が少しずつ違っています。

インターネットの比較サイトなどチェックしてみますと、各銀行の特色がよく分かり参考になるかと思います。

平均的な外貨預金の金利は1年で約3%です。

日本の銀行に円で預けた場合の金利が約0.5%なのですから、それと比較するまでもなく、外貨預金が如何に金利が大きいかは明白ですね。

どこの銀行に預けるかは、よく考える必要があります。

普通預金なのか定期預金なのか、何年のスパンで預ける予定なのかによって、外貨預金をする銀行が変わってきます。

ATM手数料0円、ネットでの振り込み手数料0円でどこの銀行でも振り込める新生銀行などは、手数料を気にする人にはお勧めでもあります。

次に検討しなければならないのは、どこの国の通貨で外貨預金をするのかと言うことになると思います。

まずチェックしておきたいのは全世界の基軸の通貨のアメリカドル、次にヨーロッパの通貨であるユーロ、そして元になるわが国の円の3つの通貨だと思います。

FXなどでもそうですが、何と言っても大切なことは、どこの国の通貨で外貨預金をするのか?その国の経済状況に関する情報は、入手しやすいのか?政治的安定はどうか?など、単純に面白そうだからといって選択するのは大変危険です。

例えば、ドル圏としてカナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどがありますが、これらの経済情報や政治情報が入手できるかどうかなどは、とても重要な判断基準となると思います。

それゆえに、経済情報が入手しやすいといえば、アメリカ、ヨーロッパ(英国、フランス、ドイツがメインでしょう)ということになり、基本はアメリカドルとユーロとの比較になると思うのです。

その上で、金融情勢などをよく把握して、リスクの高そうな通貨は避けるようにすることが賢明な事なのです。

ただし、リーマンショックのような、予測不可能なトラブルもあります。

アメリカの経済は予想以上に悪化しているとの観測もあります。

なので、どこかに主力をおくというのではなく、分散投資をしておいた方が安全ではないかと思います。


これかの経済をしっかりと見定めるなら、ダイヤモンド社の経済誌は必須と言えるのではないか?



投資は情報が命だ、確かで信頼の置ける情報をいち早く掴むことが、投資で勝つ秘訣であることは間違いない。

初心者 外貨預金

円高の今、外貨預金は注目の投資です。

FXなどの外貨などに関わる投資が大変に人気がありますが、中でも外貨預金は、比較的リスクが少なくて済む投資ではないでしょうか。

基本的には、長期投資の部類に入るのですが、外貨預金の場合、為替変動の影響を大きく受けやすいと言う難点がありますが、日本国内における預金金利と比較すると、国にもよりますが、概ね金利が高いことが特徴にあり、大変に魅力的でもあります。

日本においても定期預金に関しては、金利が高いですが、外貨預金においても、定期預金は同様に金利が高いので魅力があります。

外貨による定期預金とは、日本の定期預金と同様で、預金をする際に、あらかじめ満期の期日を設定して決めておく預金のことです。

現在の日本の金融事情を見る限り、明らかに外貨預金の方が高金利が期待できると思います。

昨今の急激な円高により、外貨を購入するには非常にチャンスともいえる状況があります。

もちろん、リスクも当然ありますが、それを補って余りあるリターンがあります。

外貨で定期預金を行う場合の最大のリスクは、為替の変動によるものです。

最大のリスクとは、定期預金が満期となった際に、為替相場の変動により受け取ることのできる金額が大きく変わってくるところです。

定期預金の口座を開設した際の為替相場が、満期となった際の為替相場よりも、同等、もしくは円安であれば良いですが、円高となっている場合には、預金額そのものが大きく目減りして、高金利による利益を食ってしまうと言うリスクが伴うと言うわけです。

最悪のケースとして、為替相場の動き方によっては、受取額が大きく減額してしまうことになり、為替差損となってしまいます。

また、忘れてならないのが、為替相場の動向に関係なく、円ドルの為替において、円からドル、ドルから円へと交換する際に、1ドルにつき約2円の為替手数料が必要であるということです。

この為替手数料は、ドル以外の外貨の場合、当然違いますのでよく確認が必要です。

さらに注意点としまして、日本円の定期預金と違い、原則として外貨定期預金は途中で解約をすることができないということです。

もし、金融機関に何かがあっても、日本国内の預金保険の対象外となっていますので、預けた金額が補償されることはないと言うリスクもしっかりと理解しておかなければなりません。

このように幾つかのリスクが外貨預金にはありますが、為替の変動にうまくマッチすれば、外貨差損ではなく、為替差益によって円預金では考えられないほどの利益を得ることができます。

仮に為替差益があまり期待できないような経済状況であっても、減額がなければ預けているだけで高い金利によって、満期の際には増額した金額を受け取ることができるわけですから、リスクをしっかりと考慮して、外貨預金をするというのはオススメだと思います。

円高の今、外貨預金をするというのは、非常に賢い選択ではないでしょうか。

ただし、資産の全額を外貨預金にしてしまうというのは、あまりにもリスキーですから止めましょう。

何事も、バランスよく考えて投資するのが良いと思います。


これかの経済をしっかりと見定めるなら、ダイヤモンド社の経済誌は必須と言えるのではないか?



投資は情報が命だ、確かで信頼の置ける情報をいち早く掴むことが、投資で勝つ秘訣であることは間違いない。

初心者 外貨預金

外貨預金に目を向けてみました

テレビのニュースで毎日のように円高の報道がされていることで、外貨に関することに関心をもたれる方が、増えていると思います。

FXのように、貨幣への投資によって儲けようとしている人なら、外貨預金についても多少なりとも関心があるのではないでしょうか。

今回は、外貨預金とその魅力について調べてみました。

外貨預金の魅力は、何と言ってもその高い金利でしょう。

日本で金利の低さが問題になってから、もう随分と経ちますが、金利が上昇する気配は全くありません。

アメリカの金利引下げに対応して、さらに日本の金利は下がっています。

その対策が効果があるかは多少疑問視される面もありますが、とりあえずはやも得ない対応でしょう。

日本の普通預金を考えてみた場合、とても低い金利による預金につく利息は、時間外取引や他の銀行との取引、休日取引などの手数料など、とても及びません。

銀行に預けて置くのと、自宅に隠し持っておくことと、あまり変わらない。

手数料のことを考えたとき、自宅に隠し持っておいた方が良いとさえ思えます。

日本における事情はそうなのですが、海外における預金はどうなのでしょうか?

対象となるのは主にアメリカ、オーストラリア、南アフリカ、ユーロなどになります。

ただし、アメリカのドルに関しては、FRBがアメリカの経済対策で、金利引下げを行い、1%を割り込んでいますので、外貨預金のうまみはあまり無いともいえます。

上記の国々などでは、外貨預金と言う形で預金をした場合ですが、金利水準のみに絞って考えますと、日本の金利の10倍から20倍くらいの金利がついているのです。

日本の金利が低すぎると言うのもあるのですが、、、

アメリカの場合、アメリカの銀行に口座を持ち取引する際に1ドルにつき、往復日本円で2円の手数料が徴収されるうえに、日本との金利差が少なくなっている今、うまみがほとんどないです。

ですから、アメリカドルにおける外貨預金の場合は、大幅な円安となった場合を除いて、1年程の短期の預け入れでは、元本割れしてしまうことでしょう。

アメリカドルに関して言えば、長期での運用と考えるべきでしょう。

アメリカドルを除いて言えば現時点においての外貨預金は、1年の短期の預け入れでも、金利で増える金額だけでも莫大な数字になるので、十分なうまみがあるといえます。

ここで注意していただきたいのが、金利は国によって違い、また、毎日変動しているということです。

もちろん、為替との兼ね合いもありますし、先日のアメリカのリーマンショックのような、予期せぬ出来事で大きく変動することもないわけではありません。

経済不況は、世界的なものであるため、日本のバブルの時とは、状況が大きく違うと言うことです。

外貨預金に関して言えば、銀行によって取り扱っている内容はだいぶ違います。

外貨預金の高金利という魅力を感じるようでしたら、銀行でじっくりと説明を受けて、自分に合った外貨預金を探すことが大切です。

金属相場

地金相場には為替レートも関連してます

投資と一口に言っても、いろいろとありますが、地金相場と言うのを知っていますでしょうか?

あまり馴染みがない地金相場なので、地金相場について、少し調べてみました。

地金とは、金属を溶かしてある形に整えられたものです。

地金相場は、金価格、プラチナ価格、そして銀価格の相場を総称して言います。

地金相場は、一般的にインフレなどに強いと言われているようです。

金とプラチナはグラム単位で取引され、銀はkgで取引されます。

地金相場は、株価と同様に価格が当然のことながら変動します。

日本で取引される地金相場は、海外地金相場を基準として、ドルの為替レートで計算され価格が決定します。

なので、地金相場はそれぞれの地金の価格の変動はもちろんのこと、為替市場の動きにも、大きく左右されるのです。

株式売買をする際には、売買手数料と税金が必要になります。

地金売買においての価格の決定要素としては、運賃や保険料、手数料さらに取り扱い業者のマージンなどがあります。

海外の地金取引市場には、金と銀を取り扱うロンドン現物市場、金を扱うニューヨークCOMEX先物市場、そしてプラチナ、パラジウムを扱うニューヨークNYMEX先物市場などがありますが、地金取引をする際には、これらの市場の価格をよく参考にしましょう。

海外の地金市場での価格が、地金相場に大きな影響を与えているので、十分なチェックが必要です。

ロンドン現物市場においては、午前と午後の二回、値決め価格があります。

地金を売買する方法としては、田中貴金属や木谷貴金属などの会社で取引すると言った方法が一般的といえます。

各社のホームページの地金相場を参考にしながら、また、情報を入手しながら地金取引をするのが良いといえます。

最近では、証券会社においても、こうした地金取引が行うようになっている会社も増えていますので、お持ちになっている口座の証券会社に問い合わせしてみると分かると思います。

ちなみに、田中貴金属や木谷貴金属のホームページで、メールマガジンの配信を登録しておけば、売買のタイミング情報を受信でき、投資に役に立つことでしょう。

金属相場

非鉄金属の株式会社の株を扱う人は金属相場にも注目

金属相場と言うのは、あまり馴染みがないかもしれませんが、一時期、銅線が大量に盗まれたりしたことがありましたが、これらは、みな金属相場における金属の高騰が原因だったんですよね。

その金属相場について、少し調べてみました。

金属相場とは、アルミ相場やニッケル相場 銅相場、銀相場、プラチナ相場、それに非鉄金属などの相場を総称して相場のことを言います。

金属相場の価格変動は、スクラップなどの廃棄物を売買する商売をしている人にとっても、大きく影響するのです。

たまに金属を買いますなどの看板を見かけることがありますが、この売買の値段は金属相場が元になっているのは、言うまでもありません。

金属相場は、こうした金属を取り扱う株式会社の株価にも影響を与えますので、非鉄金属の会社の株を売買しようと思っている人は、金属相場の情報もしっかりと押さえないといけないわけです。

海外における金属相場の取引は、ロンドン金属取引所のLMEやNYで取引されています。

インターネットのネオラインでは、金属の買い取りや、金属のリサイクルの売買を主に行っています。

金属相場に関心ある人は、ネット上の金属相場情報も相場表で閲覧することができますので、是非参考にしてみてください。

特に、金、銀、プラチナ、銅の相場で注意したいのは、相場の値動きが大きいことです。
金属相場の先物取引を行うことは、ハイリスクハイリターンであると言えるので、十分な研究が必要です。

株式会社メタルネットでは、NYカーブを基準にして、その日の国内の金属相場動向を色々な情報をもとに予測しているので、金属相場を見るには必須なサイトと言えます。

金属相場の情報や分析結果は、すべて有料の情報となるので、気をつけてください。

メタルネットでは、上海先物相場メール速報や、LMEプレマーケットの携帯への速報、それにLMEの相場のFAX速報を知ることができるので、金属相場で稼せごうという人には、必須サイトです。

金属相場は、それぞれの金属の値段が変化するので、情報をうまく入手して、金属相場の動向を先読みするのが、儲けるコツと言えるでしょう。

これらの金属先物市場は、国内の状況によって金属相場が変化します。

海外取引が主となっているので、外国為替市場の動向も貴重な情報にしたいものです。

インターネットには、金属相場に関するブログがあるので、活用すると良いでしょう。

プラチナ相場

プラチナ相場は今が買いか?

貴金属の宝飾品の中で、代表的なものは、もちろん金ですが、最近はプラチナにも注目が集まっています。

プラチナは、実は宝飾品としての人気もさることながら、先物取引としての商品としても注目を集めています。

プラチナとは白金のことで、ホワイトゴールドなどとも呼ばれています。

プラチナに対する世界の需要において日本が10%を占めていますので、プラチナ相場は、東京工業品取引所において、全世界の中でプラチナ取引の主導となっています。

プラチナ相場は、年々上がり続けていましたが、世界経済の減速に伴い、ここ4ヶ月ほどは下げが続いています。

需要に対して生産量が限られている希少金属とは言うものの、世界経済の減速はこのようなところにも現れています。

一方、プラチナに対する人々の意識がしだいに高まりつつありますので、プラチナ相場を見ることは、経済市場の中でも重要になりつつあるともいえます。

プラチナを売買すると言うのは、先物取引で行ないます。

先物取引ですから、将来のプラチナ相場を予測して売買するのはなかなか難しいと言えますので、もし、プラチナの相場で儲けると考えるなら、専門家の手助けが必要となるでしょう。

最近は、非常に便利となりネットを使ったオンライントレードで、プラチナ売買ができるようになりました。

ネットを通して、証券会社の情報をうまく取り入れながら、プラチナ売買をすることは、株式や外国為替などの他の情報にも役立つと思います。

株式市場が下げ相場の時に、金市場が上げ相場になると言った法則のようなものが、プラチナ相場にもあるかもしれません。

プラチナ相場も良く観察してみると良いでしょう。

ただし、プラチナ相場を見ている限りでは、こうした株式や外国為替と連動するわけではないようですが、世界経済の減速の流れには逆らうことはできないようです。

プラチナ相場は、基本的にはプラチナの需要に関係があります。

プラチナの需要は、先の宝飾用や自動車の排気ガスの触媒として、使われることが多いのです。

そこで、自動車の排気ガスの触媒というのは、政府の環境規制の法令に影響を受けますので、政府の政策にも注意が必要です。

もちろん、自動車産業の景気に大きく関係していますので、例えば、トヨタ自動車や日産と言った国内メーカーを初め、世界の自動車の生産台数などの傾向も、プラチナ相場を見るのに重要なポイントになるでしょう。

特に、日本は自動車産業は世界でもトップとも言える生産台数を誇っていますので、日本の自動車産業の動向は注意しておかなければなりません。

また、プラチナの生産は、南アフリカやロシアで90%を締めていますので、こうした国の情勢もプラチナ相場に大きな影響を与えると言えます。

政治的な面からいいますと、南アフリカやロシアは安定していますので、政治的リスクからの影響は少ないでしょう。

また、プラチナ相場は、一時は、金相場の二倍近くとなっていて、大変に注目しましたが、自動車生産の急激な減速などにより、ほぼ同程度の相場となっています。

今回のサブプライムローンに端を発しての世界経済の減速の原因が、金融市場の信用創造をし過ぎた過剰流動性によるもので、実体経済に及ぼす影響がどれほどであるかによって、経済の立ち直りに時間が掛かると見るべきでしょう。

ある面、今がプラチナ相場への参入チャンスかもしれません。

<<前の10件  1 2 3 4 5  次の10件>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。