金相場

金の最高値更新をどう見るか?

下記の記事を見かけて、これからの経済の動向が気にならない人はそれほどいないだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110420-00000023-jij-int

一般的に、投資と言って頭に浮かぶのは、株式、不動産などで、金の取引はあまり馴染みがないかも知れない。

投資家の多くの意識動向としては、経済が不安定であるときは、株式に投資することを避けて、物、特に金に投資する傾向にあるという。

株式の投資の場合、値動きが大きいので株式売買による利益が得やすい面がある一方、リスクも大きい。

一番のリスクとして会社の倒産である。

つまり、出資先の会社が倒産した場合、出資を証明している有価証券(株式)が全く価値を失ってしまうことだ。

紙くずになるということだ。

不動産投資の場合、不動産(土地、建物)そのものの取引であるので、株式と比べると取引に必要資金が多額であり、取引が成立して利益を得るにはそれなりに時間も掛かる。

昨今は、少額での不動産投資の方法も有るようだが、貯金と似た傾向がある為、株式のような流動性が少なくて、絶えず利益を得るのは難しい。

景気が低迷している時は、株式や不動産にお金が流れるよりは、リスク回避と安全性から金・プラチナなどへの投資へとお金が流れていく。

上記の記事は、金についてであるが、貴金属の市場は間違いなく上昇しているだろうことは間違いない。

では、今が金の買い時かといえば、必ずしもそうではない。

むしろ、ここは分散投資を考えるべきだろう。

今が、景気の底だと見て、長期投資を考えて株式に投資をすることは、大きな利益を得れる可能性は十分にある。

いやらしい見方であるが、3月の地震の際の原発事故は、日経平均の急落は予想が容易いことだったろう。

その後の急上昇と、横ばい的な動きは分かりやすいのではないだろうか?

記事のとおり、リスク回避と安心を最重要項目とみなすなら、金相場や貴金属相場への投資は間違いは少ないと言える。

しかし、リスク覚悟での利益と流動性を考えるなら、株式投資は捨てたものではない。

今の社会情勢から鑑みて、エネルギー関連、防災が面白いかも知れないだろう。


これかの経済をしっかりと見定めるなら、ダイヤモンド社の経済誌は必須と言えるのではないか?



投資は情報が命だ、確かで信頼の置ける情報をいち早く掴むことが、投資で勝つ秘訣であることは間違いない。

金相場

金属相場を知るなら田中貴金属相場を見よう

貴金属の相場で売買している人であれば、田中貴金属工業株式会社を知らない人はいないでしょう。

これから、貴金属の相場を始めてみようとか、少なからず関心があるのでしたら、田中貴金属相場と言うものを知っておいたほうが、よろしいです。

田中貴金属相場とは、田中貴金属工業株式会社が行う地金売買の価格のことを意味しています。

田中貴金属工業では、田中貴金属相場における地金売買だけでなく、プラチナやゴールドなどの精製や分析、それに工業製品製造や販売も行っている日本において、貴金属の相場に影響を与える大企業であります。

田中貴金属工業は、1978年にゴールドの完全輸出入自由化に伴って、ロンドン金属市場公認溶解検定業者として認定され、これにより、国際金市場で金地金を製造する資格を得ました。

このことは、日本国内では、田中貴金属工業が初めてのことでした。

田中貴金属工業で精錬される品質の高い金地金は、世界中の市場で取引されています。

田中貴金属工業は、全国的な貴金属の売買ネットワークを整備していて、金地金や地金型金貨の売買を即座に行うことができる日本トップの企業でもあります。

日本最大ということもあり、こうした金地金の売買取引は、田中貴金属相場において行われているのです。

田中貴金属相場は、インターネットの普及に伴い携帯電話のモバイルによって確認することもでき、非常に売買しやすい環境を提供しています。

このことは、全国どこにいても、いつでも田中貴金属相場を知ることができ、また売買が携帯電話で行えるので、田中金属相場を知ることは、貴金属の相場を知るに等しいわけです。

また、大変嬉しいことに、田中貴金属相場の携帯電話での情報提供は、無料で行われているという点です。

田中貴金属相場でゴールドを売買する場合なのですが、1グラム単位で価格が表示されていますので、その価格掛けるグラム数で売買代金が算出でき、金の取引をしたい時に簡単に金の相場がわかり、お手軽にできます。

ただし、注意していただきたいのは、500グラム以下の売買においては、田中貴金属相場では、手数料が必要になることです。

田中貴金属相場において、売買手数料がかかる場合、その金額は購入の場合も買い取りの場合もほぼ同じで、100グラムあたり5250円となっています。

グラム数が少なくなると手数料も当然減ります。

株式相場が下がると、金相場は上がるという図式ができていますので、幅広く投資をするのであれば、田中貴金属相場も視野にしっかり入れておいた方が良いでしょう。

投資のリスク軽減にもなると言うわけです。

金相場

今が注目の金相場です

皆さんは、金相場についてよく分かりますか?
たまにニュースで話題になるくらいで、実際に金の取引でお金を儲けると言うのはごく少数の方がやっていることなので、分かりにくいところが多々あります。

金相場について少し調べてみました。

金相場とは、金の相場のことで、これは世界市場で取引されているもので、とてもブローバルな取引のようです。

金相場は、株や債券などの値動きとは逆の値動きをするため、証券市場があまり振るわない時に注目されますので、2007年のサブプライムローン問題以降は特にその値動きに注目が集まっています。

もし、これから自分の資産を株や債券などの財テクで増やそうと考えているのでしたら、金相場も考慮した分散投資を考えて見ることをお勧めします。
リスクを分散できると言えるでしょう。

株や債券は、その企業が倒産したり大暴落した時などは、価値がほとんどなくなってしまい、一枚の紙切れ同然となります。
しかし、金相場の場合には金そのものの価値が残りますので、価値がゼロになると言うことはありません。

金相場の世界市場は、ロンドン、香港、チューリッヒ、ニューヨークにあります。

特にこの四つの市場は、大金市場と称されるくらい頻繁に取引されていて、金の取引値段が決められています。

この四つの市場の中でも、特にロンドン市場で決まった金相場というのは全世界の相場に影響を及ぼすと言われているので、ロンドンでの値動きは注目しなければなりません。

金相場は現物の直接取引きではなく、金の先物取引なので、他の先物取引のような大豆や貴金属や農産物と同じように、将来の一定期日で決めた価格や数量で決まる取引となっています。

金相場で利益を上げるには、金相場が安定している時、安いところで金を購入し、金が上がれば売り、金相場が高い時には先に売り、下がれば買い戻すといった形で取引すると言うものなので、株取引同様にファンダメンタル分析やテクニカル分析が用いられています。

日本においてはどうかと言いますと、金相場が商品先物取引ということもあり、東京工業品取引所で取引されています。

一般に金相場で投資する場合、地金(現物)と金先物(商品指数)があります。

地金は、実際に金の塊を一キロ単位で取引していますが、金の塊にする為の加工料などが必要となる為、それが金の価格にも多少なりとも影響してきます。

金を1キロ取引するにはだいたい300万円ほどの資金が必要となるので、地金の取引にはまとまったお金が必要となります。

金先物取引では、10万円以下で取引することが出来るので、金先物取引の方が取り組みやすいといえるでしょう。

投資と一口に言ってもいろいろとありますので、どれか一つに限るのではなく、リスク分散も考慮しながら、こう言った金相場に目を向けてみるということも必要でしょう。
その他の貴金属類の相場も先物取引としてありますので、調べてみると面白いかもしれません。



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。