先物取引 日経225先物

株初心者でも取り組みやすい日経225先物取引

株取引を始めたばかりの初心者の方ならば、必ず日経平均の動きに対して関心を持たなくてはならないです。
そして、その日経平均株価指数の中でも日経225先物は、その代表的な先物取引として、絶えず注目しなければならない株価指数でもあります。

日経225先物とは、日本経済新聞社が選んだ225社の株価を基に修正平均し算出した指数なのですが、225社は日本の代表的な企業を選出してありますので、大変注目しなければならない指数です。

日経225先物の指数を観察することにより、日本企業や経済の姿をおおよそ読み取ることが出来るでしょう。

日経225先物取引の売買において、株取引同様、将来の日経225が上がると考えれば、買いの取引を行いますが、この取引を買建と言います。

逆に、将来は下がると予想するならば、売建と言って、信用取引を行ないます。

この買建と売建の取引売買をすることを通して、売買差益としての利益を得るための取引をすることになります。

以前は、日経225は、売買手数料が高いせいもあってか、プロの投資家だけのものだと考えられて、株初心者はもちろんのこと個人投資家なども敬遠する傾向がありました。

ところが、最近では数多くのネット証券が日経225先物を扱うようになり、手数料がかなり安くなり、個別銘柄の株取引よりも分かりやすく、システムトレード向きというところもあり、人気が出てきています。

そこで、多くの個人投資家の方が、日経225先物の取引を始めるようになりました。

日経225先物の大きな特徴は、株取引のように複数の銘柄を取引すると言うものではなく、日経225先物の1銘柄だけの取引で利益や損失が決まるため、ハイリスクハイリターンの取引であるとも言えます。

日経225先物は、通常の株の取引時間において、一般の後場の取引終了時間が10分長くなっているのも特徴です。
その他、株取引と比較しますと、倒産や上場廃止という危険がなく、少資金で始めることができ個人でも取引しやすい(miniは6万円から)、「金利」や「貸株料」が必要ないなどが上げられます。

同じ先物取引と比べますと、売買効率や、流動性という意味においては、日経300やTOPIX先物よりもずっと高くなっていて、取引しやすいところがあります。

その理由としては、日経225先物は、日本の証券取引所だけで取り扱われているのではなく、アメリカのシカゴ・マーカンタイル取引所やシンガポールのシンガポール証券取引所でも取引されているので、先物価格の予測がしやすいところがあるからです。

そして、最近では海外の証券取引所で日経225先物の取引がされるだけでなく、一般の個人投資家の増加によって、さらに流動性が高くなっているなどが、理由として上げられます。

日経225先物も当然、投資の一つであり、株取引における銘柄選びをする必要なく、株取引同様の投資ができるという点で、日経225先物取引は、株初心者でも十分に儲けることができる投資ではないでしょうか?

ルールは簡単!はじめよう!ミニ日経225先物



先物取引 日経225先物

日経225先物は、レバレッジで儲かるぞ!

先物取引に多少なりとも不安を感じている人にとっては、日経225先物取引と聞くと何となく敬遠したくなるかもしれませんが、金や大豆などの商品を取引するのではなくて「日経225の株価指数」を取引するものなので、株取引の経験があれば馴染みやすいものです。

日経225先物取引とは、将来の日経平均を予測して、日経平均株の指数を売買することを意味する取引です。

最近では、売買単位が10分の1のミニも登場してきて、更に注目を浴びている取引です。

現物株の売買とは違って、この日経225先物取引では、買いから始めるだけでなく、売りから始めて、安くなった時に買い戻すということが出来るなど、売買が両面から出来ます。

また、日経225先物取引を取り扱うことの利点としましては、現物株の取引においての指標の一つとして利用が出来ることと、株式の売買の方向性の情報を得ることが出来ることなどだと思います。

現物を取り扱う場合には、企業が倒産してしまう時などのリスクが大きくありますが、日経225先物取引は現物株のようなリスクがより少なくて済み、情報も取得しやすいなどの利点があります。

最近では、こうした日経225先物取引のメリットを重視して、個人投資家が参加してくる割合が多くなって来ているようです。

ただし注意しておかないといけないのが、税率においては株の取引と同じ20%ですが、損益通算は株取引と一緒にすることはできないという点です。
損益通算が出来るのは、株価指数先物やオプション取引、それに商品先物取引だけとなっていますので、納税をする際に、十分気をつけていただきたいことだと思います。

納税などの理由から、日経225先物取引の売買を行なう際には、株取引と一緒に損益を考えないように気をつけてください。

また、株取引と同様に、ロスカットのルールを作って日経平均先物を取り扱う必要があります。

ちなみに、値段の刻みも10万円となっていて、刻み一つで1万円の損益となり、値動きも激しいです。

また、一般的な先物に証拠金が必要なように、日経225先物取引にも証拠金が必要です。

日経225先物取引では、62万円から75万円の証拠金が一つの取引で必要となります。

日経平225先物取引は、FX取引で良く聞くレバレッジや追証がありますので、大きく儲けることも出来ますが、リスクも高いところがありますので注意が必要です。
ロスカットをしっかりとして、利益を上げられるように頑張りましょう。

ルールは簡単!はじめよう!ミニ日経225先物




Powered by Seesaa