先物取引 種類

金の先物取引は最低12万円から取引可能

初心者にとって、株についていろいろと勉強しますと、先物取引もその範疇に入ってくるかと思います。
先物取引についても、いろいろと知っておきますと、資産形成に役に立つことがあるでしょう。

先物取引といいますと、有名な取引として、の先物取引が上げられますね。
昔から、世界各地で金の取引は行なわれていて、その貴重性はいうまでもないものがあります。

金の取引には、現物取引と先物取引の二つがあるのは、ご存知かと思います。

現物取引は、一般的に貴金属店での売買に該当しますが、金先物は、何ヶ月か先に予約して取引すると言うものです。

予約取引なので、実際に決めた予約日の時に、価格が下がっていても上がっていても、決めた価格で取引されるようになっています。

基本的に取引は、先に買い付けを行って、上がった時に売れば、売買益となります。
その逆に、先に売って、後から買い付けるという方法もあり、株で言うところの信用売買が出来ます。

金先物が、他の先物と大きく違う点であり、注目すべき点は、最初に支払う証拠金が、実際の金の取引の金額よりも少ない金額であると言う点です。

もし、現物取引なら、1kg320万円ほどの資金が必要ですが、先物取引では、最低12万円ほどで取引することが出来ることは、小額での投資が出来るということです。

金先物を取り扱っているのは、日本では東京工業品取引所です。

金の主要なマーケットとしては海外では、ニューヨークのCOMEX、ロンドンではフィキシング、中国では香港や上海、それにオーストラリアではシドニー、スイスのチューリッヒなどで取引されていて、取引の歴史は長いものがあります。

日本における金先物は、日本で唯一の公設貴金属先物市場である東京工業品取引所で取引され、ここで金価格はオープンに決められています。

また、金の先物取引には、金倉荷証券(きん・くらにしょうけん)を発行して、金地金(きん・じがね)を保証するような制度となっています。
この証券や金は、倉庫会社が保管しており、安全性が高いです。
金先物を取引するには、この倉庫会社に対して、保管料を支払わなければなりません。

もしも、この倉庫会社から金を持ち運びしようとする際には、年間一kg9000円の保管料と、手数料300円が必要となっているようです。

金価格が上昇する主な原因としては、金の需要の増加以外に、金の産出国で非常事態が起きたり、インフレーションで物の値段が上がったときなどです。

先物取引は、ある種特別な世界にも思えますが、内容を知ってみると決して、特別なものではありません。
単語の読みや意味が難しいというのが、玉に瑕ともいえます。

ルールは簡単!はじめよう!ミニ日経225先物



先物取引 種類

原油先物取引は、注目の先物取引

たくさんの種類がある先物取引の中で、ここ1年位、いろいろな意味で大きな問題となったのが、原油先物ですね。
いわゆる原油の価格と言うのは、先物取引の市場取引で決まるわけで、現物の取引による市場価格とは性質が少し違います。

この原油先物には、三つの原油指標があり、それぞれ市場があるのですが、代表的なところでは、ウエスト・テキサス・インターミディエートのWITが、その一つです。

よくニュースなどで、原油価格と言った場合、このウエスト・テキサス・インターミディエート(WIT)の価格をさしていいます。
アメリカのテキサスで産出される大変質の良い原油を指していて、ニューヨークマーカンタイル取引所で原油先物取引として取引が行われています。

その他には、欧州産の北海ブレンド、中東産のドバイがあり、それぞれ取引されています。

これら代表的な三つの原油指標の中で、特に世界経済の動向を動かす原油指標は、WIT原油先物になります。

WIT原油先物が原油指標として大きな役割を果たしている理由としては、ニューヨークマーカンタイル取引所の市場で取引される量が大変に多いからなのです。
質も良いのですが、何といっても量が多いので、他の取引所の先物価格は、このWIT原油先物価格を参考にしているといっても過言ではありません。

ところで、原油先物の取引に限らず、実際に商品先物取引を始める際には、取引証拠金などの預託金が必要となっています。

原油先物の預託金なのですが、当初の預託する金額は、最低取引単位一枚について最高額の27万3000円から最低は2万7千円などとなっています。

参考として、原油先物の取引証拠金を上げましたが、商品によって当然のことながら変わってきます。

この額は、最低取引単位一枚についての額ですから、実際の商品取引額は、こうした取引証拠金よりもかなり高額になり、15倍から40倍の取引額になることはざらにあると言えます。

もし、WIT原油先物の取引をしようとした場合には、これら先物取引を扱う証券会社にまず口座を開設する必要があります。

日本では、岡地、タイコム証券、SBIフューチャーズ、小林洋行、北辰物産、フジフューチャーズが原油先物を取り扱っていますので、各ホームページで確認できると思います。
WITは、アメリカの証券取引所で取引が行われているので、日本においてはWITの原油先物取引は行われていません。

原油先物取引もそうですが、先物取引をする際には、証券会社に手数料を支払わなければなりません。
この手数料は自由化により証券会社によって違いますので、先物取引をする際には、この手数料についてもしっかりとチェックしておいてください。

先物取引については、株よりもとっつきにくい面もあるかもしれませんが、内容を知ってみれば意外と面白いところもあります。
原油取引の他にも、希少金属類が先物取引の対象となっていますから、いろいろと調べてみますと面白いかもしれません。

ルールは簡単!はじめよう!ミニ日経225先物




Powered by Seesaa