先物取引

銅相場は銅取引の先物取引です

一時、銅線が大量に盗難にあったというニュースが立て続けて流れていましたが、何でまた銅線などを盗むのかと不思議に思った方は多かったと思います。

この盗難の原因は、銅線の値段が高騰したことによるのもので、銅線が市場で先物取引をされていて、その先物取引における高騰を意味しています。

銅相場というのは、市場先物取引での銅の取引を意味しています。

銅線を盗難した人は、間違いなく銅相場の高騰をよく知っていて、銅線が高く売れることを知っている人だと言えます。

このことは、銅が高い値段で売れることを知っている社会の裏を反映したものと言えるでしょう。

ところで、この銅市場では、銅建値という単位を使い、取引されています。

これは、先物市場で銅をいくらで何キロ契約したかを表す単位を銅建値として表します。

1建値で40万円(2008年11月19日現在)くらいですが、重さがトン単位となっています。

銅の取引をする銅相場ですが、NY銅相場の他、ロンドン金属取引所で取引されていて、ここでの取引価格が銅相場となります。

ロンドン金属取引所は、London Metal Exchangeが正式名称で、その頭文字をとったのがLMEと表記されております。

LMEの銅相場のことを、銅LMEと呼んばれています。

LME(ロンドン金属取引所)では、銅に限らず、アルミや鉛、亜鉛なども取引されていて、これらの非鉄金属のLMEでの取引価格が、国際的価格指標となっています。

銅価格を株取引でもおなじみのチャートで示す場合には、たいてい1ポンド(約454グラム)で何ドルになるかをグラフで表すようになります。

それ故に、1ドルが何円になるかといった円ドルの為替レートの動きを示す為替相場によっても日本の銅相場は大きく影響されるので、注意が必要です。

その他、銅相場に大きく影響するものとしましては、LME銅在庫チャートです。

このチャートは、LMEが指定した倉庫の銅の在庫数量がどれくらいであるかを示していまして、現物量の参考指数を示しているともいえます。

つまり、LMEが指定した倉庫の銅の在庫数が減少すれば、銅価格は上昇し、在庫数が増えれば銅価格は下がるといった形になります。

この銅相場についてチェックをすることは、銅相場での先物取引をする人ばかりではなく、銅を扱う関連会社の株式投資にも役立ちますので、非鉄金属の株式を取り扱う人たちは、チェックを入れているはずです。

もちろんのことですが、商品先物としての銅への投資の指針にもなるはずです。

銅相場に関しては、銅関連会社のホームページで詳しく閲覧することが出来ますので、一度ご覧になってみてください。

銅関連会社の株取引をしてみようとするならば、銅相場についてもチェックが必要だということです。
このチェックは、ファンダメンタル分析の一つでもあり、十分に役に立つはずです。


先物取引

証券会社の株価予測は債券先物取引の動向を見て

株取引などの投資の勉強を進めていきますと、債権についても知っておくと役に立つことがたくさんあります。
債権も投資の一種でありますから、きちんと理解しておいて損はないです。

債券というのは、政府や地方公共団体および企業などが、たくさんの投資家からお金を調達するための有価証券のことです。

ここで言っている企業というのは、株式会社を指しています。

そして、債券先物というのは、将来の特定の日にあらかじめ取り決めた価格で、特定の債権を売買することを約束した取引をすることです。

この場合で言っている取引というのは、現時点で約定した価格で取引するということを指しています。

債券先物は、東京証券市場に上場されていて、債権投資家の間で取引されています。

ただし債券先物には、償還期限があり、中期国債先物なら5年で、長期国債債券先物なら10年となっております。

これらは、実際に有価証券として発行されているわけではなく、標準物と呼ばれていて、架空の債券で取引されます。

債券先物には、限月と呼ばれる受渡期日があり、限月は、3月、6月、9月、12月となっていて、20日が受け渡し日と決まっております。

債券先物取引の受け渡し方法には、二つの決済方法があり、再建先物取引をするのならしっかりと理解しておく必要があります。

まず、その一つは、受け渡し方式と言いまして、現物債券を期日に受け渡す方式。

もう一つは、差金決済方式で、先物取引の期日までに売り買いという反対の売買をして、その差益分を決済する方式。

債券先物の値動きが将来の株価の動向を示すことが非常に多いので、株式のアナリストや株主達は債券先物の価格がどのように動いているかついて、いつも注意を払っております。

債券先物の現状を知るには、債券市場に注目しておかなければいけません。

ほとんどの証券会社は、債券先物の価格動向を見ながら、翌週の株価予想をしています。
証券会社によって多少の見方の違いはありますが、債券先物で株価の予測が出来ると言えるでしょう。

債券先物は、取引額が大きいことから、個人投資家でも特定の方となり、一般的には馴染みが薄いと言えるでしょう。

先物取引

先物取引なら日経225先物が

先物取引は、投資と言うよりは、投機に近いものがあり、は、長期保有と言うのが出来ますが、先物取引の場合、何年にも渡って長期に保有すると言うのは、基本的にありません。

先物取引という言葉は、株を取引する場合に、必ず出てくる言葉なので理解しておいた方が良いです。

先物取引としては、コーヒー豆や農産物それに金や原油など、まだ一次産品などのまだ収穫できていないうちに将来の収穫に対して取引するというものがあります。

これは、あらかじめ決められた期日に、決められた商品を取引するというもので、典型的な先物取引です。

最終価格は、この決められた期日での取引で決まります。

コーヒー豆や農産物、金や原油などの先物取引に対して、証券取引所で行われる先物取引は、株価指数を取引するもので、実際の現物の商品を取引するものではありません。

また、先物取引の意味には、将来の株や債権を取引するという意味もあります。

株価指数を取引するものとしては、日経225先物、日経225mini、日経300先物取引、RNプライム指数先物取引、があり、それぞれ活発な取引が行なわれています。

この他、先物取引には、シカゴ先物、日経平均先物、ダウ先物、債券先物などもあり、株取引とは違った投資の面白みがあります。

このうち、株価指数先物取引の大きな特色として、3月、6月、9月、12月の隔月の第二金曜日の前日を取引終了日とする限月取引で行われている点です。

先物取引についてもっとよく勉強しないと分かりにくい点が、3月や6月などのそれぞれの限月期間は、1年3ヶ月となってるところです。

先物取引は、指数の100倍から10000倍での取引が可能となっています。

もし、日経225で一単位15000円の先物を10単位約定すると、15000円の10倍と指数の1000倍をかけて15000万円が約定価格となり、大変大きな取引となります。

ただし、先物には株価と同じように、16%程度の値幅制限が決められていますので、注意が必要です。

株価指数の決済の方法については、現実の指数と、約定価格の差額授受する差金決済となっています。

これらには株と違って、最終の最近決済の期限である満期日があり、この満期日の意味はしっかりと理解しておくべきでしょう。

コーヒー豆や農産物、金や原油などの先物取引は、個人の投資家には馴染みが少なく、株価指数の先物取引である日経225先物、日経225miniなどが、活発に取引されています。
日経225先物、日経225miniなどは、株取引比べて少ない投資額で、多くの利益を出せる仕組みのレバレッジを効かせる事ができ、人気があります。

ルールは簡単!はじめよう!ミニ日経225先物




Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。