株取引 手数料

証券会社によって、株売買の手数料が違います

株式売買をするにあたり、物の売買とは違って、無料で売買をすることはできないんですね。
証券会社が株の売買においては投資家と投資家との間の仲介役を担っていますので、売買に当たっては、証券会社に仲介料を支払う、これが手数料と言うことになります。

つまり、株を買ったり売ったりするためには、証券会社を通さなければいけませんので、証券会社に株売買におけるところの手数料を支払わなくてはならないのです。

これが、証券会社に対して支払う手数料、「売買手数料」のことです。
一般に「手数料」などと呼んでいます。

1999年10月1日にスタートした株式手数料の完全自由化によって、これまで証券会社において一律だった手数料がそれぞれ異なるようになったことは、個人の投資家においては特に嬉しいことだったと思います。

手数料は株式投資をする際の取得価格を上げ、売る時の価格を押し下げますので、手数料が高いと、投資家にとってはその分利益が小さくなってしまうということなのです。
投資家にとって、手数料は掛からない方が良いですが、株式の売買を維持する為には、この手数料は必要不可欠なものともいえます。

証券会社の売買手数料は、注文方法や、約定金額(株価×株数)の金額、株式の取引方法によって細かく設定されており、証券会社によってそれぞれ手数料の料率が異なりますので、証券会社に口座を持つ時には、この売買手数料がいくらかをしっかりと比較調査したいものです。

証券会社によっては、株の売買のたびに手数料がかかる方法もあれば、その日のうちなら何度売買しても手数料が一定の方法の定額手数料制のところもあり、十分なチェックが必要です。

売買手数料を定額手数料にしている証券会社ですと、たとえば50万円〜100万円の取引なら定額で900円とか1200円といった設定としているのです。

さらに約定金額「50万円〜100万円」の売買手数料を各証券会社で比較してみると、500円台から1000円台まで、証券会社によってまちまちの手数料であり、料率は異なります。

少しややこしくなりますが、その手数料も、毎日頻繁に売買するのか、それとも比較的長期保有なのかによっても変わってきますので、自分のトレードスタイルによって、うまく選ばなくてはならないです。

株の売買に関わるコストが小さければ、その分を投資に回すことができるので、より有利な運用が可能になります。
手数料についての検討は、投資を始める上での重要なポイントのひとつになって来ます。
株の売買における金額と比較して、売買手数料が数百円、数千円と小額とは言うものの、トレードの回数が多くなれば、馬鹿にならない金額になります。
数百円、数千円とは言え、自分のトレードスタイルを十分に考慮して、証券会社に口座を持つようにいたしましょう。

マネックス証券




Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。