初心者 債券投資

国境を超えての資産運用に通貨債券投資

債券投資を日本国内のみに限定するというのは、リスクコントロールと言う観点からしますと簡単ですから、そのような選択肢もあると思います。

しかし、日本の経済事情を考慮していきますと、むしろ諸外国、特にアメリカ経済の動向によって円の乱高下があったり、日経が上がったり下がったりなどがあります。

その点を鑑みたときに、債券投資も世界と言う観点から、その先を選ぶことも必要ではないかと思うのです。

日本が貿易立国であるという基本的なことは、昔も今の変わらないわけですから、リスクコントロールから見ても国際的視野が必要だというのは言うまでもないことです。

冷戦の終了と共に、日本経済はより一層の国際化は進みました。

アメリカの経済をはじめとして、中国、ヨーロッパ連合など経済情勢は、世界各国経済の一つの目安である通貨の動向に表れてきます。

それ故に、債券投資においても各国通貨の動向に目を離すことはできないでしょう。

海外の債券を購入した場合であれば尚更のことですが、円の価値の動きと共に、各国の金利の動きもしっかりと把握していくことは大切です。

金利は、その時々で国によって違い、通貨債券と言う商品であるならば尚更ですね。

証券会社の中には、先進国通貨(インドネシア、トルコ、メキシコ、コロンビア、ブラジル、ハンガリーなど)を組み入れた債券を発売しているとこともあります。

特に成長しつつある国の通貨債券を中心にすえて構成し、発売していたりします。

通貨債券を購入する際には、証券会社のサイトでしっかりと情報を入手するのが良いでしょう。

外国の通貨債券の場合、国内と比べますとどうしてもリスクは高くなります。

しかし、その一方では通貨の将来性によって高い金利を手にすることも可能です。

また、こうした債券投資を見ていますと、過去の運用実績をもとにして債券が発売されますから、出来る限りのリスクコントロールをしているのも確かです。

外国の通貨を対象とした債券投資は、将来の世界の金利動向によってどれだけの利息を受け取れるかの予測を元に発売されるます。

現地通貨建てで、多くの国の債券を組み入れた債券投資をすれば、それだけでもリスクは分散されることになります。

こうした通貨の債券投資は、日本国内の債券と併せて投資をしていきたいところです。

通貨債券は基本的に高利回りとなりがちですが、やはり格付けや過去の実績を十分確かめておくことは大切でして、リスクが高いことは避けられません。

また、こうした債券投資は自己資金の一部を回すようにして、すべて投資するのは止めましょう。

通貨の債券投資で抑えておきたいポイントは、どこの国の通貨をどのように配分して組み入れているかをしっかりとチェックすることです。

通貨の債券投資をする場合、その債券の格付けランキング、利息を受け取る方法、過去の実績をもとにして選んでいくことでリスクコントロールしていくしかありません。

債券投資は投資の中でも、比較的リスクコントロールしやすいです。

抑えるところをしっかりと抑えて、より良い資産運用をすることが大切ですね。

ネット銀行でもある楽天銀行、外貨預金、FX、投資信託、証券、保険 カードローン 住宅ローン BIG・toto など、幅広く貴方の資産運用に応えてくれます。


初心者 債券投資

債券投資においての注意点を理解する

どんな投資をする上でも必ず注意点というものがあります。

保険に特約条項なるものがあるように、債券投資においてもリスク回避と言う観点からしっかりと注意点を理解しておく必要があります。

投資の初心者はもちろんのこと、いろいろな投資を経験している方でも、投資で儲かっている人たちは、注意点とかについて疎かにはしないものです。

債券投資の場合も同じ事ですから、しっかりと理解して置きましょう。

債券投資の基本方法としまして、まず、新しく発券された債券を購入するのか、すでに発行済みの債券を購入するのかの大きく分けての二種類の方法がありますね。

更に、債券を保有している期間からみた場合、満期まで債券を持ち続けるか、中途売却するかなどといった期間から見ての方法があります。

日本証券業協会の証券教育広報センターにおいて、これらの債券投資の方法に関わる注意点を学ぶことができますので、まずは覗いてみましょう。

当センターでは、債券投資についての出版業務、セミナーなどが開催されていますので、債券投資を始める前にできれば参加することをお勧め致します。

債券投資をする場合、あらかじめ債券の信用度は、格付けで知ることができるようになっています。

この格付けの高さによって、利子は大体決まっていて、格付けが高ければ債券の利子は少なく、格付けが低いければ利子は高くなるという感じです。

言うなれば、リスクが高いイコール格付けが低くなるので、利子は高くなりますよと言うわけです。

これらの格付け情報を基本に置いといて、債券投資をしていかなければなりません。

債券の格付けについては、電話で証券会社に簡単に聞くことが出来るようになり、ネットバンク、インターネットなどでも閲覧できますね。

債券の発売窓口は、証券会社のみならず、銀行(ネットも含む)や信用金庫、信用組合などと多岐に渡っています。

これらの金融機関の発売窓口にて、債券の担当者から話を聞くことが出来ますので有効活用するようにしたほうが良いでしょう。

債券投資で一番の注意点は、債券の売買の方法をどうするか?格付けはどのランクか?リスクはどうであるか?などをしっかりと調べることなのです。

これらの注意点というのは、債券の目論見書に詳しく記載されていますから、しっかりと目を通し理解しておくことが望ましいです。

理解し難い時には、証券教育広報センターに問い合わせて情報を得るのが簡単でお勧めです。

債券投資に失敗しない方法の第一ポイント、債券の特徴や分類などを細かに調べてから投資をしていくことだと言えます。

投資に焦りは禁物です。

また、めんどくさっがって調べることや理解しておくことを忘れて何もせずにいて、誰かの言うことに振り回されることは、投資においては失敗の原因となりがちです。

投資で儲かるか儲からないかは、まず、情報量(リスク等に関する)、情報を分析できるようになるための勉強(理解力をあげる)、行動力だと言えます。

しっかりと債券投資の注意点を理解し、分析しながら、適切な行動を取れるようにすることが、資産を増やす王道だと思います。

債券投資は投資の中ではマイナーですが、その運用次第で大きく儲ける可能性もあるということです。

初心者 債券投資

債券投資は市場金利が低い今が時

一般的にお金を預ける時の基準としまして、金利が高い低いをみて預けます。

昨今の銀行の預金金利は非常に低いため、定期預金でも大して金利は付きません。

銀行にお金を預けて眠らしておくくらいなら、債券投資に回してみては如何でしょうか?

この債券投資をする場合、金利、市場金利の動向が大きく影響していまして、実は今がその時とも言えるのです。

何故かといいますと、市場金利が高い時というのは債券の価格が下がり、逆に市場金利が安い時は債券の価格が上がる傾向があるのです。

一般的に、市場金利が高い時というのは金融機関の預金に預ける傾向が強くて、債券に対する魅力をそれほど感じないからなのです。

一方、市場金利が低い場合、金融機関の預金金利が低いため、人は何とかして資金を増やそうとしますので、債券投資へと資金を回すようになるわけです。

債券市場に資金が流れ込みますので、必然的に債券に人気が集まりことになり、債券の価格が上がるのです。

仮に外貨建てで債券投資をするのであれば、市場の安定している国の債券投資をするようにすべきです。

とわ言いましても、世界を見回して、どの国も経済は流動的に循環していて不安要素を抱えている国が多いです。

では外貨建ての債券投資は、旨みがないのかといいますと、そうでもありません。

賢く債券投資をするのであれば、世界の国の市場金利動向をまず考慮し、外貨(通貨)を分散投資する方法が良いといえます。

アメリカの市場は比較的安定していますが、米ドル建てだけの債券投資を行うのではなく、オーストラリアやカナダなどの国債、更にはヨーロッパのユーロ建ての債券投資を行うということです。

つまり、外貨のリスクを分散する方法ですね。

いろいろな種類の通貨建ての債券を購入することで分散投資をおこなえば、外貨の債券投資のリスクを抑えれるというわけです。

また、長期の債券投資を行う場合は、特に市場金利の影響を大きく受けます。

その為、将来の債券の価格がどのように動いていくのかを、しっかりと考慮して投資することが大切です。

同じ債券を購入するとした場合でも、2年もの、3年もの、更に5年もの10年ものと言った感じで、債券の期間も分散すると更にリスクを抑えることが出来ます。

短期ものの債券であるほど、市場金利の動向が掴みやすいため、リスクは少なくなる傾向にあります。

投資には必ずリスクがついてまわりますので、いかにリスクを低くするかが資産運用に置いて重要です。

債券投資も同じくリスクを如何に低くする大切なのですが、グローバルに考慮し且つ時間を加えるということに置いて、視野を広くする必要がある投資と言えます。

初心者 債券投資

債券投資の特徴5つ

債券投資というのは一般的には馴染みが少ない投資ですが、意外とリスクが少ない投資なので、投資の初心者でも取っ付き易いところがあります。

投資をあまりしたことのない初心者の方で、銀行に眠っている余裕資金やタンス預金などがあるのでしたら、債券投資に回してみるのも良いかと思います。

ところで、債券投資の債券の種類は、幾つもあるというわけではなく、だいたい、個人向け国債や新株予約権付き社債券などです。

その中でも証券会社などの金融機関で発売されている債券の特徴としましては五つあります。

1、満期を迎えた債券は必ず額面の金額が手元に戻ること。

必ず債券の額面になるところが、株式投資や投資信託などとは大きく異なるところです。


2、債券は満期までの償還期限が決められていること。

償還期限に達すると、それぞれの債券に決められた時期に利息を受け取ることができます。


3、債券は中途解約ができること。

お金が急に必要になった時には助かりますので安心ですね。

注意すべきなのは、中途解約の時期によっては、元本が保証されない場合があることです。

また、債券の中には最初の1年や2年は中途解約できない場合があるので、その点はしっかりと確認する必要があります。


4、債券投資も投資なのでリスクがあり、ゼロではないということ。

中途解約した時に元本が保証されない点、外貨建ての債券の場合は為替変動のリスクを忘れてはいけません。

その他では、債券の発行先の財務状況により、債券の価格が変わる場合があることです。


5、債券を購入する場合、手数料を必要とするものがあること。

いわゆる取引手数料なのですが、購入する場合だけかかるもの、売却時にも手数料を必要とする債券などもあります。

特に外貨建ての債券の場合、多くが必要とするようです。


債券投資しようとした時、債券の種類が多いので、どれでも良いということはありません。

債券の購入時の発行先の信用度は、選択の重要な要素となります。

しっかりと確認してから、投資をすることをお勧めします。

定期預金などよりは利益を多く得れるので、長期投資を考えている方は選択肢の一つに加えてみることをお勧めします。

『週刊ダイヤモンド』最新号購入&定期購読をして、経済の先を見通す力をつけることが、資産運用の初心者が一番先に行うことと言えるでしょう。


初心者 債券投資

債券投資は年単位の期間を考慮

投資を初めて行う初心者の方の多くが、目先の利益にとらわれがちです。

そして、すぐに利益を得ようとして、リスクコントロールが出来ずに資産運用に失敗します。

債券投資の場合は目先の利益だけを考えますと、それ程旨みがないと思われがちですが、実は眠っている資産を運用する場合、リスクが低くて確実に利益を得ることが出来ます。

定期預金などよりも利益は良いです。

債券投資を長期運用と考えて取り組みますと確実性が高い投資となります。

債券投資を期間と言う見方からしますといろいろなタイプのものがあり、満期がすぐに来るもの、10年期間ものまでさまざまなのです。

定期預金もそうですが、償還期限が長いものは、たいていは利率が高く設定されています。

資金を使う側にしてみれば、返済期限が長い期間であれば、安全でより有効に債券を利用して投資できる訳ですから、利率は高く設定できます。

そうしますと、債券投資においての問題は、どれくらいの金額を、どのくらいの期間、預けておけるかということになります。

その辺の考え方は、定期預金などと同じと考えて良いわけです。

明日、あさってに必要なお金を債券投資に回すのは意味が無いです。

子供の受験費用や入学費用、車の買い替え時期など、3年、4年などの年単位で必要とするお金のタイミングを考慮して債券投資にかける期間を考えることが大切となるのです。

仮に、長期の債券投資を行ったとして、途中で急に資金が必要になった場合は中途解約をせざる得ないくなります。

その場合、債券投資は変動の幅が大きい為、途中解約をするタイミングでは元本が割れてしまうことがあるのです。

そういったリスクを考慮する必要があるということです。

債券投資が円建てでなく、ドル建ての場合、当然のことながら為替市場の影響を受けるわけですから、そのリスクも考慮が必要です。

とわ言え、ハイリスクハイリターンと言われますように、最近の円高を考慮しますと、ドル建てで債券投資をする方が、より多くの利息が期待できるのも確かです。

また、償還期限が同じ債券であっても、格付けランクによって利率などが違ってきますので、その点はしっかりと考慮する必要があります。

債券投資のにおいては、信用度が高く、かつ投資の期間が自分のライフサイクルに合っているかどうかを確かめることが重要なのです。

近日に必要とするお金、資産を、債券投資に回すのではなく、最低でも1年以上は眠った状態にあるお金、資産を回すようにすることが賢いと言えます。

そのようにリスクコントロールしていくならば、債券投資は定期預金などよりもより利益を得ることが出来ることでしょう。

『週刊ダイヤモンド』最新号購入&定期購読をして、経済の先を見通す力をつけることが、資産運用の初心者が一番先に行うことと言えるでしょう。


初心者 債券投資

初心者の債券投資はリスクコントロールから

投資の初心者であるならば、リスクに対する知識はしっかりと持っておかなければならない。

ややもすれば、儲けることばかりに気持ちが引っ張られ、投資することのリスクに対しては疎かになりがちです。

投資で儲かっている人は、このリスクをしっかりとコントロールしています。

それでは、投資の方法の一つとしての債券投資では、どの様なリスクがあるのかまとめてみました。

まず、信用リスクです。

それは、受け取り時に元本が割れがおきて、最初に約束されていた利子が支払われないと言うリスクです。

債券投資リスクの中で代表的なリスクとして、償還前にお金が必要となった時に債券を売却できないこと。

債券の償還前に、債券購入者の都合ではなく、債券の発行体が予定の運用ができなくなってしまうこと。

更に、償還前に売る場合に多いことですが、元本を割ってしまうこと。

債券のリスクの大きさは、債券の発行体や債券の発行条件、市場の金利変動によって大きく左右されます。

発行体の経営があまりにも悪化した場合、予定の金利を支払うことが出来ないとか、償還時期が予定通りに行われないと言ったことが起きます。

投資の初心者が債券投資をする場合には、必ず発行体の格付けランクを参考にすべきでしょう。

外国の債券投資で忘れてならない大きなリスク要因は為替変動要因ですね。

国内の債券(国債・社債)には無いリスクですが、外貨建ての外国債券などは、元本・利子の受け取りが外貨で行われます。

その為、当然のことながら外貨から円に変える時の為替レートがどうであるかによって、大きなリスクが生じます。

つまり、債券の購入時から見て為替がより大きく円安となっていれば、当初予定の利益以上に利益を得ることが出来ます。

一方、為替が円高となっていた場合、逆に債券の元本を割り込んでしまうという大きなリスクが生じるのです。

その他、外国の債券投資では、格付けランクが必ずしも参考にならない場合があります。

株価動向や為替変動により、その国の通貨が他の通貨に交換ができなくなるなどのリスクです。

外国債券投資には、その国の経済情勢はもちろんのこと、政治情勢などについてもしっかりとリスクコントロールが必要だということです。

もちろん、国内の債券投資でも、予想外のことが起きて格付けランクが下がったりします。

初心者であれば、尚更リスクコントロールをしっかりしながら、債券投資を行っていくことが大切だと言えます。


経済情勢などの情報に週刊ダイヤモンドは必須です。


初心者 債券投資

初心者は債券投資と株式投資の違いを知って置こう

債券投資初心者なら、まず債券投資と株式投資の違いを見極めてから、始めるのが良いでしょう。

資産を運用して資産を増やそうと考えたら、株式投資が最も身近に感じられる方法の一つです。

しかし、株式投資はリスクが高い方法です。、

株式投資の基本的な目的は、企業の成長のために資金を提供するところにあります。

資金を提供するのですから、企業が儲かっていくということが前提にあるわけです。

この株式は、土曜、日曜、祝日を除いて、毎日取引されていて非常に流動性が高いです。

午前は9時から11時までを前場(ぜんば)と言い、午後は12時半から3時までを後場(後場)と呼び、午前午後の合わせて4時間半が取引時間となっています。

その時間帯であれば、いつでも株式を売買することができます。

売買時に手数料が掛かります。

株式投資の目的は、株式を売買することにより生まれる譲渡益です。

この譲渡益のことをキャピタルゲインと呼び、株式を保有することで生まれる配当益などはインカムゲインと言います。

ただし、株式投資において株価が元値を割り込むことにより譲渡益が得られず損益となることもあります。

つまり、元本が保証されないというリスクがあります。

一方、債券投資というのは、国が発行する債権、すなわち国債を購入することですから、国に対してお金を貸すことでもあります。

また、社債の場合は会社の債権を購入することなので、会社にお金を貸すことになります。

お金を貸すことですから、中途解約さえしなければ決まった時期には必ず決まった利子が付き、元本が戻ってきます。

債券投資は決まった期間を持つことで利益を得ることが出来るのところが、株式投資との大きな違いです。

株式投資は毎日のように売買できますが、債券投資では国債を購入する時期が決まっています。

企業に対して投資をする株式投資ですが、株価チャートという株価変動のグラフを参考にして株式投資(株式売買)をする企業を決めのが一般的です。

株式投資の場合、企業によっては株式優待制度というのがあります。

この株式優待制度は債券投資にはないお年玉のようなもので、百貨店なら割引券、レストランなら無料食事券などが年に1回、2回くらい郵送されて来たりします。

また、株式投資は個々の企業成長だけでなく、国内全体の株式相場や海外の株式相場に大きく影響されますので、より経験と研究が必要な面があります。

いろいろと研究したりすることが好きなら、株式投資が楽しいさや面白さがあると言えます。

一方、堅実に資産を運用し増やそうと思うのでしたら、債券投資の方が良いでしょう。




初心者 債券投資

余裕資産は債券投資へ

資産運用を考え始めた初心者なら、債券投資についてもしっかりとした知識を持っていたほうが良いだろう。

一般的に資産運用と言えば、株式であったり不動産投資などを考える方は多いかも知れないが、資産運用としてはリスクが少ないのが債券投資とも言えます。

では、債券投資についていろいろと説明していきましょう。

もともと企業や国、地方公共団体などが、公共施設や設備投資などに使うために資金を調達する目的で発行される証書、これが債権証書と呼びます。

この債権証書で取引するのが債券投資ということになります。

購入するのは個人となります。

債権を発行するのは、一般企業よりは国、地方公共団体がおおく、いわゆる国が発行する債権を国債と呼びます。

日本の国が発行する債券が国債(国内債券)ならば、外国の政府が発行する債権は外債(外国債券)です。

外債はユーロのユーロ債権やドイツのマルク債権、アメリカの米ドル債権はそれぞれの国の通貨建てで発券されています。

低金利政策のおかげで、銀行やゆうちょ銀行などの定期預金でお金を預けていてもさしたる利子はつきません。

むしろ、債券投資をする方が、満期になった時の利子は多くついてたくさんのお金が手元に入ってくる場合があります。

定期貯金はいつでもできますが、債券はいつでも発売されてはいなくて、購入する日が決まっているのです。

また、国債で注意しておきたいことは、10年ものや5年ものはそれぞれ中途解約ができない時期があるのです。

それなので、何年も使う予定がないお金がある方は、債券投資に回しておいて良いでしょう。

もし中途解約をしなければならない場合、元本が保証されません。

つまり最初に支払った金額(購入額)が戻ってこない場合があるということです。

一方、外貨建て債券の場合ですと、購入時に為替手数料が必要になることもあるので注意が更に必要です。

また、外貨建てであることから為替の変動に大きく左右されます。

そこで、債券投資をするには、債券発行者の財務状況(国の場合は財政状況)を確認することが大切です。


S&Pという格付け機関では、債券を購入する人のためにアルファベットで格付けがなされています。

BBBからA、AA、AAAという順に、より信頼性が高くなるように表示されています。

資産運用と言う観点からみますと、預金額を普通預金や定額貯金、債券投資、株式証券などと言う形での分散投資を考慮して、預金を管理するのが良いと言えます。

余裕があれば、金・プラチナに換えておくのも良いかも知れません。


資産運用には確かな情報が必要です。
確かな情報と未来を先取りする週刊ダイヤモンドは、必須のビジネス誌です。



Powered by Seesaa