株式初心者の心得 > 初心者 債券投資 > 国境を超えての資産運用に通貨債券投資

初心者 債券投資

国境を超えての資産運用に通貨債券投資

債券投資を日本国内のみに限定するというのは、リスクコントロールと言う観点からしますと簡単ですから、そのような選択肢もあると思います。

しかし、日本の経済事情を考慮していきますと、むしろ諸外国、特にアメリカ経済の動向によって円の乱高下があったり、日経が上がったり下がったりなどがあります。

その点を鑑みたときに、債券投資も世界と言う観点から、その先を選ぶことも必要ではないかと思うのです。

日本が貿易立国であるという基本的なことは、昔も今の変わらないわけですから、リスクコントロールから見ても国際的視野が必要だというのは言うまでもないことです。

冷戦の終了と共に、日本経済はより一層の国際化は進みました。

アメリカの経済をはじめとして、中国、ヨーロッパ連合など経済情勢は、世界各国経済の一つの目安である通貨の動向に表れてきます。

それ故に、債券投資においても各国通貨の動向に目を離すことはできないでしょう。

海外の債券を購入した場合であれば尚更のことですが、円の価値の動きと共に、各国の金利の動きもしっかりと把握していくことは大切です。

金利は、その時々で国によって違い、通貨債券と言う商品であるならば尚更ですね。

証券会社の中には、先進国通貨(インドネシア、トルコ、メキシコ、コロンビア、ブラジル、ハンガリーなど)を組み入れた債券を発売しているとこともあります。

特に成長しつつある国の通貨債券を中心にすえて構成し、発売していたりします。

通貨債券を購入する際には、証券会社のサイトでしっかりと情報を入手するのが良いでしょう。

外国の通貨債券の場合、国内と比べますとどうしてもリスクは高くなります。

しかし、その一方では通貨の将来性によって高い金利を手にすることも可能です。

また、こうした債券投資を見ていますと、過去の運用実績をもとにして債券が発売されますから、出来る限りのリスクコントロールをしているのも確かです。

外国の通貨を対象とした債券投資は、将来の世界の金利動向によってどれだけの利息を受け取れるかの予測を元に発売されるます。

現地通貨建てで、多くの国の債券を組み入れた債券投資をすれば、それだけでもリスクは分散されることになります。

こうした通貨の債券投資は、日本国内の債券と併せて投資をしていきたいところです。

通貨債券は基本的に高利回りとなりがちですが、やはり格付けや過去の実績を十分確かめておくことは大切でして、リスクが高いことは避けられません。

また、こうした債券投資は自己資金の一部を回すようにして、すべて投資するのは止めましょう。

通貨の債券投資で抑えておきたいポイントは、どこの国の通貨をどのように配分して組み入れているかをしっかりとチェックすることです。

通貨の債券投資をする場合、その債券の格付けランキング、利息を受け取る方法、過去の実績をもとにして選んでいくことでリスクコントロールしていくしかありません。

債券投資は投資の中でも、比較的リスクコントロールしやすいです。

抑えるところをしっかりと抑えて、より良い資産運用をすることが大切ですね。

ネット銀行でもある楽天銀行、外貨預金、FX、投資信託、証券、保険 カードローン 住宅ローン BIG・toto など、幅広く貴方の資産運用に応えてくれます。


<<債券投資においての注意点を理解する | 株式初心者の心得トップへ


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。