株式初心者の心得 > 初心者 債券投資 > 債券投資においての注意点を理解する

初心者 債券投資

債券投資においての注意点を理解する

どんな投資をする上でも必ず注意点というものがあります。

保険に特約条項なるものがあるように、債券投資においてもリスク回避と言う観点からしっかりと注意点を理解しておく必要があります。

投資の初心者はもちろんのこと、いろいろな投資を経験している方でも、投資で儲かっている人たちは、注意点とかについて疎かにはしないものです。

債券投資の場合も同じ事ですから、しっかりと理解して置きましょう。

債券投資の基本方法としまして、まず、新しく発券された債券を購入するのか、すでに発行済みの債券を購入するのかの大きく分けての二種類の方法がありますね。

更に、債券を保有している期間からみた場合、満期まで債券を持ち続けるか、中途売却するかなどといった期間から見ての方法があります。

日本証券業協会の証券教育広報センターにおいて、これらの債券投資の方法に関わる注意点を学ぶことができますので、まずは覗いてみましょう。

当センターでは、債券投資についての出版業務、セミナーなどが開催されていますので、債券投資を始める前にできれば参加することをお勧め致します。

債券投資をする場合、あらかじめ債券の信用度は、格付けで知ることができるようになっています。

この格付けの高さによって、利子は大体決まっていて、格付けが高ければ債券の利子は少なく、格付けが低いければ利子は高くなるという感じです。

言うなれば、リスクが高いイコール格付けが低くなるので、利子は高くなりますよと言うわけです。

これらの格付け情報を基本に置いといて、債券投資をしていかなければなりません。

債券の格付けについては、電話で証券会社に簡単に聞くことが出来るようになり、ネットバンク、インターネットなどでも閲覧できますね。

債券の発売窓口は、証券会社のみならず、銀行(ネットも含む)や信用金庫、信用組合などと多岐に渡っています。

これらの金融機関の発売窓口にて、債券の担当者から話を聞くことが出来ますので有効活用するようにしたほうが良いでしょう。

債券投資で一番の注意点は、債券の売買の方法をどうするか?格付けはどのランクか?リスクはどうであるか?などをしっかりと調べることなのです。

これらの注意点というのは、債券の目論見書に詳しく記載されていますから、しっかりと目を通し理解しておくことが望ましいです。

理解し難い時には、証券教育広報センターに問い合わせて情報を得るのが簡単でお勧めです。

債券投資に失敗しない方法の第一ポイント、債券の特徴や分類などを細かに調べてから投資をしていくことだと言えます。

投資に焦りは禁物です。

また、めんどくさっがって調べることや理解しておくことを忘れて何もせずにいて、誰かの言うことに振り回されることは、投資においては失敗の原因となりがちです。

投資で儲かるか儲からないかは、まず、情報量(リスク等に関する)、情報を分析できるようになるための勉強(理解力をあげる)、行動力だと言えます。

しっかりと債券投資の注意点を理解し、分析しながら、適切な行動を取れるようにすることが、資産を増やす王道だと思います。

債券投資は投資の中ではマイナーですが、その運用次第で大きく儲ける可能性もあるということです。

<<債券投資は市場金利が低い今が時 | 株式初心者の心得トップへ | 国境を超えての資産運用に通貨債券投資>>


Powered by Seesaa