株式初心者の心得 > 初心者 債券投資 > 債券投資は市場金利が低い今が時

初心者 債券投資

債券投資は市場金利が低い今が時

一般的にお金を預ける時の基準としまして、金利が高い低いをみて預けます。

昨今の銀行の預金金利は非常に低いため、定期預金でも大して金利は付きません。

銀行にお金を預けて眠らしておくくらいなら、債券投資に回してみては如何でしょうか?

この債券投資をする場合、金利、市場金利の動向が大きく影響していまして、実は今がその時とも言えるのです。

何故かといいますと、市場金利が高い時というのは債券の価格が下がり、逆に市場金利が安い時は債券の価格が上がる傾向があるのです。

一般的に、市場金利が高い時というのは金融機関の預金に預ける傾向が強くて、債券に対する魅力をそれほど感じないからなのです。

一方、市場金利が低い場合、金融機関の預金金利が低いため、人は何とかして資金を増やそうとしますので、債券投資へと資金を回すようになるわけです。

債券市場に資金が流れ込みますので、必然的に債券に人気が集まりことになり、債券の価格が上がるのです。

仮に外貨建てで債券投資をするのであれば、市場の安定している国の債券投資をするようにすべきです。

とわ言いましても、世界を見回して、どの国も経済は流動的に循環していて不安要素を抱えている国が多いです。

では外貨建ての債券投資は、旨みがないのかといいますと、そうでもありません。

賢く債券投資をするのであれば、世界の国の市場金利動向をまず考慮し、外貨(通貨)を分散投資する方法が良いといえます。

アメリカの市場は比較的安定していますが、米ドル建てだけの債券投資を行うのではなく、オーストラリアやカナダなどの国債、更にはヨーロッパのユーロ建ての債券投資を行うということです。

つまり、外貨のリスクを分散する方法ですね。

いろいろな種類の通貨建ての債券を購入することで分散投資をおこなえば、外貨の債券投資のリスクを抑えれるというわけです。

また、長期の債券投資を行う場合は、特に市場金利の影響を大きく受けます。

その為、将来の債券の価格がどのように動いていくのかを、しっかりと考慮して投資することが大切です。

同じ債券を購入するとした場合でも、2年もの、3年もの、更に5年もの10年ものと言った感じで、債券の期間も分散すると更にリスクを抑えることが出来ます。

短期ものの債券であるほど、市場金利の動向が掴みやすいため、リスクは少なくなる傾向にあります。

投資には必ずリスクがついてまわりますので、いかにリスクを低くするかが資産運用に置いて重要です。

債券投資も同じくリスクを如何に低くする大切なのですが、グローバルに考慮し且つ時間を加えるということに置いて、視野を広くする必要がある投資と言えます。

<<債券投資の特徴5つ | 株式初心者の心得トップへ | 債券投資においての注意点を理解する>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。