株式初心者の心得 > 初心者 債券投資 > 債券投資の特徴5つ

初心者 債券投資

債券投資の特徴5つ

債券投資というのは一般的には馴染みが少ない投資ですが、意外とリスクが少ない投資なので、投資の初心者でも取っ付き易いところがあります。

投資をあまりしたことのない初心者の方で、銀行に眠っている余裕資金やタンス預金などがあるのでしたら、債券投資に回してみるのも良いかと思います。

ところで、債券投資の債券の種類は、幾つもあるというわけではなく、だいたい、個人向け国債や新株予約権付き社債券などです。

その中でも証券会社などの金融機関で発売されている債券の特徴としましては五つあります。

1、満期を迎えた債券は必ず額面の金額が手元に戻ること。

必ず債券の額面になるところが、株式投資や投資信託などとは大きく異なるところです。


2、債券は満期までの償還期限が決められていること。

償還期限に達すると、それぞれの債券に決められた時期に利息を受け取ることができます。


3、債券は中途解約ができること。

お金が急に必要になった時には助かりますので安心ですね。

注意すべきなのは、中途解約の時期によっては、元本が保証されない場合があることです。

また、債券の中には最初の1年や2年は中途解約できない場合があるので、その点はしっかりと確認する必要があります。


4、債券投資も投資なのでリスクがあり、ゼロではないということ。

中途解約した時に元本が保証されない点、外貨建ての債券の場合は為替変動のリスクを忘れてはいけません。

その他では、債券の発行先の財務状況により、債券の価格が変わる場合があることです。


5、債券を購入する場合、手数料を必要とするものがあること。

いわゆる取引手数料なのですが、購入する場合だけかかるもの、売却時にも手数料を必要とする債券などもあります。

特に外貨建ての債券の場合、多くが必要とするようです。


債券投資しようとした時、債券の種類が多いので、どれでも良いということはありません。

債券の購入時の発行先の信用度は、選択の重要な要素となります。

しっかりと確認してから、投資をすることをお勧めします。

定期預金などよりは利益を多く得れるので、長期投資を考えている方は選択肢の一つに加えてみることをお勧めします。

『週刊ダイヤモンド』最新号購入&定期購読をして、経済の先を見通す力をつけることが、資産運用の初心者が一番先に行うことと言えるでしょう。


<<債券投資は年単位の期間を考慮 | 株式初心者の心得トップへ | 債券投資は市場金利が低い今が時>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。