株式初心者の心得 > 初心者 債券投資 > 初心者の債券投資はリスクコントロールから

初心者 債券投資

初心者の債券投資はリスクコントロールから

投資の初心者であるならば、リスクに対する知識はしっかりと持っておかなければならない。

ややもすれば、儲けることばかりに気持ちが引っ張られ、投資することのリスクに対しては疎かになりがちです。

投資で儲かっている人は、このリスクをしっかりとコントロールしています。

それでは、投資の方法の一つとしての債券投資では、どの様なリスクがあるのかまとめてみました。

まず、信用リスクです。

それは、受け取り時に元本が割れがおきて、最初に約束されていた利子が支払われないと言うリスクです。

債券投資リスクの中で代表的なリスクとして、償還前にお金が必要となった時に債券を売却できないこと。

債券の償還前に、債券購入者の都合ではなく、債券の発行体が予定の運用ができなくなってしまうこと。

更に、償還前に売る場合に多いことですが、元本を割ってしまうこと。

債券のリスクの大きさは、債券の発行体や債券の発行条件、市場の金利変動によって大きく左右されます。

発行体の経営があまりにも悪化した場合、予定の金利を支払うことが出来ないとか、償還時期が予定通りに行われないと言ったことが起きます。

投資の初心者が債券投資をする場合には、必ず発行体の格付けランクを参考にすべきでしょう。

外国の債券投資で忘れてならない大きなリスク要因は為替変動要因ですね。

国内の債券(国債・社債)には無いリスクですが、外貨建ての外国債券などは、元本・利子の受け取りが外貨で行われます。

その為、当然のことながら外貨から円に変える時の為替レートがどうであるかによって、大きなリスクが生じます。

つまり、債券の購入時から見て為替がより大きく円安となっていれば、当初予定の利益以上に利益を得ることが出来ます。

一方、為替が円高となっていた場合、逆に債券の元本を割り込んでしまうという大きなリスクが生じるのです。

その他、外国の債券投資では、格付けランクが必ずしも参考にならない場合があります。

株価動向や為替変動により、その国の通貨が他の通貨に交換ができなくなるなどのリスクです。

外国債券投資には、その国の経済情勢はもちろんのこと、政治情勢などについてもしっかりとリスクコントロールが必要だということです。

もちろん、国内の債券投資でも、予想外のことが起きて格付けランクが下がったりします。

初心者であれば、尚更リスクコントロールをしっかりしながら、債券投資を行っていくことが大切だと言えます。


経済情勢などの情報に週刊ダイヤモンドは必須です。


<<初心者は債券投資と株式投資の違いを知って置こう | 株式初心者の心得トップへ | 債券投資は年単位の期間を考慮>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。