株式初心者の心得 > 初心者 外貨預金 > あなたの資産形成に外貨預金はいかが?

初心者 外貨預金

あなたの資産形成に外貨預金はいかが?

ここ数年、FXに代表されるように、外貨の取引に注目されてます。

FXは外貨のトレードですから、その取引には、メンタル的なところ技術的な部分など、いろいろと難しい面もあります。

それに対して、いわゆる預金としての外貨を考えて見ますと、外貨預金というのが、リスクが比較的低いので、外貨預金というのをお奨めしたいと思います。

外貨預金というのは、特別な銀行のみで扱っているものではなくて、日本を代表し、大概知っている大手銀行の三菱東京UFJ銀行などでも、外貨預金を扱っているのです。

三菱東京UFJ銀行は、銀行としての信用格付がA+と言う評価を受けている優良銀行です。
三菱東京UFJ銀行に口座を持っている方も多いことかと思いますので、親近感を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

三菱東京UFJ銀行で外貨預金をした場合、預金の額や取引の金額によって、金利が違ってくる設定となっていまして、これが大きな特徴とも言えます。

金利のみならず、為替手数料についても、十分納得いく設定になっていると思います。

例えば、アメリカドルの為替手数料は1ドルにつき2円で、一般的な設定です。

そのほかの通貨では、ユーロで3円、オーストラリア、ニュージーランドドルで4円となっていて、取引量の多い通貨の手数料は低くなっているのです。

一方、イギリスポンド、スイスフランは8円と高くなっていますので、これらの通貨での外貨預金は、考え物かもしれません。

日本の普通預金と、定期預金もそうですが、アメリカドルにおいて、外貨普通預金より外貨定期預金の方が金利が高くなっていますので、この辺の考え方は、いわゆる預金と同じです。

外貨預金でも、長期に渡って預金をしておこうと考えるならば、外貨定期預金を考えてみてはいかがでしょうか?

しかし、やむを得ない事情でどうしても中途で定期預金を解約しなければならない場合もあるかもしれません。

外貨定期預金も日本の定期預金同様に、原則として中途解約はできないことになってはいます。

ただし、銀行側が事情を認めた場合には、この限りではないので、解約することが可能です。

中途解約の場合、預け入れ開始日から解約日までの通貨の金利は受け取ることはできるのですが、この場合の金利は、外貨的預金の金利ではなく、外貨普通預金の金利が適用されるようです。

定期預金としてではなく、普通預金扱いになると言うことです。

外貨定期預金を途中解約すると言うことは、お奨めではないですね。

最後に取引時間についてですが、メンテナンスや年末年始を除くと、インターネット、モバイルバンキングは24時間体制で対応していますので、円通貨での預金とそれほど差は無いように思います。

この場合の為替レートの変動は1日1回に限られていますので、その辺を理解しておきましょう。

外貨預金には、いろいろなリスクもありますが、FXほどリスク高くはありません。

日本通貨の預金と比べますと、金利は高いですから、資産形成に外貨預金も候補に入れて考えてみるのはいかがでしょうか?


これかの経済をしっかりと見定めるなら、ダイヤモンド社の経済誌は必須と言えるのではないか?



投資は情報が命だ、確かで信頼の置ける情報をいち早く掴むことが、投資で勝つ秘訣であることは間違いない。

<<外貨預金の手数料について | 株式初心者の心得トップへ | 金の最高値更新をどう見るか?>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。