株式初心者の心得 > 初心者 外貨預金 > 円高と言われる今、外貨預金はおもしろい

初心者 外貨預金

円高と言われる今、外貨預金はおもしろい

外貨預金の魅力は、何と言ってもその金利の高さではないでしょうか?

もちろん、現在、アメリカの金利引き下げ政策は、日本と比較しても大差が無い為、アメリカドルによる外貨預金は、うまみが少ないと言えます。

ただ、その他の外貨は、まだ十分に金利は高いので、円高の今、日本で預けておくよりは、十分に面白いところがあるのではないでしょうか?

いろいろな銀行における外貨預金の金利を見る限り、例えば定期預金などの国内預金の金利と比較しても、一般的に大きい状態であることには間違いないといえます。

外貨預金として選んだ通貨が、流通している国の政治情勢や経済状態によって、この金利は均一ではなく異なって行くのは、当然なことです。

では、金利の変動が、経済状態と密接に結びついているのは分かると思いますが、ではどのようになっているのか見ていきましょう。

経済は生き物と言われるように、人の営みから生み出されるものです。

たとえば、経済状態が活発で好景気であり、国としての経済成長が続くと思われる国の場合、金利は高めになると言えます。

具体的には、一昔前のインドや中国が上げられます。

世界同時不況で、これらの国も急ブレーキが掛かっていますが、長期的に見ますと、経済の成長は上向きであると見るべきでしょう。

この他にも、インフレ傾向と呼ばれる過熱した景気の影響で、急激に物の値段が跳ね上がっている時も金利は高くなる傾向にあります。

このインフレ状況は、南米大陸の国家や、オセアニアの国々に多く見られます。

逆に、不況で経済が低迷している時、いわゆる不景気の場合ですとか、国家としての経済が成熟しきっているだけでなく、将来に渡ってもあまり成長が望めない場合などは、金利は低めになります。

これらは、ヨーロッパの先進国のイギリスやフランスなどに多く見られると言えます。

外貨預金として選ぶ通貨が使用されている国の経済状況というものは、金利に大きな影響を及ぼします。

外貨預金の場合、ある程度、長期に運用するので、マクロ経済的に経済の成長を観察していくことが大切だともいえます。

外貨予期を扱う銀行によっても、外貨預金の金利は変わって来ます。

なぜ違いがあるかと言いますと、金利、取り扱い手数料等は、銀行独自の判断で自由に設定できることになっているからなのです。

大体ですが、大手銀行と中小銀行を比較しますと、大手銀行のほうが高めの金利であったり、低めの手数料の商品としていることが多いようです。

また、インターネットを専用とする銀行も増えていますので、これらもチェックした方が良いでしょう。

インターネット専用の銀行の場合、一般の銀行と比較しますと、人件費や施設代などの経費がかからない分、金利や手数料に大幅に還元している銀行もあるようです。

インターネットに慣れている方なら、インターネット専用の銀行に外貨預金口座を一つくらい持っておいても損はないと思います。

いわゆる銀行の窓口で相談するのも良いですが、インターネットのサイトなどで金利や手数料を調べて置いて、比較検討してみるのも良いでしょう。


これかの経済をしっかりと見定めるなら、ダイヤモンド社の経済誌は必須と言えるのではないか?



投資は情報が命だ、確かで信頼の置ける情報をいち早く掴むことが、投資で勝つ秘訣であることは間違いない。

<<グローバルな貯蓄を考えるなら、外貨預金で | 株式初心者の心得トップへ | 銀行の外貨預金をしっかりとチェックすべし>>


Powered by Seesaa