株式初心者の心得 > 初心者 外貨預金 > グローバルな貯蓄を考えるなら、外貨預金で

初心者 外貨預金

グローバルな貯蓄を考えるなら、外貨預金で

急激な円高による経済への打撃から、一転円安方向に向かうなど、為替の動きには、激しいものがあります。

このように為替の変動が激しい時には、外貨預金は慎重に対処しなくてはいけません。

実際、外貨預金を現実的な問題として考えた時に、まず考えるべきことは、どこの銀行で、どんなタイプの外貨預金を、どこの国の通貨で預金するのかと言うことを、慎重に検討すべきことであります。

外貨預金とは言うものの、実際に外国の銀行に口座を開設して預金するわけではありません。

外貨預金というのは、日本の銀行に外貨を利用して預金をするということなのです。

外貨預金を取り扱っている銀行のほとんどは、大手のメガバンクや都市銀行などです。

有名なところを幾つか上げてみますと、三菱東京ufj銀行や、みずほ銀行、シティーバンク、新生銀行、ソニー銀行などでも受付ています。

各銀行によって金利や手数料が少しずつ違っています。

インターネットの比較サイトなどチェックしてみますと、各銀行の特色がよく分かり参考になるかと思います。

平均的な外貨預金の金利は1年で約3%です。

日本の銀行に円で預けた場合の金利が約0.5%なのですから、それと比較するまでもなく、外貨預金が如何に金利が大きいかは明白ですね。

どこの銀行に預けるかは、よく考える必要があります。

普通預金なのか定期預金なのか、何年のスパンで預ける予定なのかによって、外貨預金をする銀行が変わってきます。

ATM手数料0円、ネットでの振り込み手数料0円でどこの銀行でも振り込める新生銀行などは、手数料を気にする人にはお勧めでもあります。

次に検討しなければならないのは、どこの国の通貨で外貨預金をするのかと言うことになると思います。

まずチェックしておきたいのは全世界の基軸の通貨のアメリカドル、次にヨーロッパの通貨であるユーロ、そして元になるわが国の円の3つの通貨だと思います。

FXなどでもそうですが、何と言っても大切なことは、どこの国の通貨で外貨預金をするのか?その国の経済状況に関する情報は、入手しやすいのか?政治的安定はどうか?など、単純に面白そうだからといって選択するのは大変危険です。

例えば、ドル圏としてカナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどがありますが、これらの経済情報や政治情報が入手できるかどうかなどは、とても重要な判断基準となると思います。

それゆえに、経済情報が入手しやすいといえば、アメリカ、ヨーロッパ(英国、フランス、ドイツがメインでしょう)ということになり、基本はアメリカドルとユーロとの比較になると思うのです。

その上で、金融情勢などをよく把握して、リスクの高そうな通貨は避けるようにすることが賢明な事なのです。

ただし、リーマンショックのような、予測不可能なトラブルもあります。

アメリカの経済は予想以上に悪化しているとの観測もあります。

なので、どこかに主力をおくというのではなく、分散投資をしておいた方が安全ではないかと思います。


これかの経済をしっかりと見定めるなら、ダイヤモンド社の経済誌は必須と言えるのではないか?



投資は情報が命だ、確かで信頼の置ける情報をいち早く掴むことが、投資で勝つ秘訣であることは間違いない。

<<円高の今、外貨預金は注目の投資です。 | 株式初心者の心得トップへ | 円高と言われる今、外貨預金はおもしろい>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。