株式初心者の心得 > 初心者 外貨預金 > 円高の今、外貨預金は注目の投資です。

初心者 外貨預金

円高の今、外貨預金は注目の投資です。

FXなどの外貨などに関わる投資が大変に人気がありますが、中でも外貨預金は、比較的リスクが少なくて済む投資ではないでしょうか。

基本的には、長期投資の部類に入るのですが、外貨預金の場合、為替変動の影響を大きく受けやすいと言う難点がありますが、日本国内における預金金利と比較すると、国にもよりますが、概ね金利が高いことが特徴にあり、大変に魅力的でもあります。

日本においても定期預金に関しては、金利が高いですが、外貨預金においても、定期預金は同様に金利が高いので魅力があります。

外貨による定期預金とは、日本の定期預金と同様で、預金をする際に、あらかじめ満期の期日を設定して決めておく預金のことです。

現在の日本の金融事情を見る限り、明らかに外貨預金の方が高金利が期待できると思います。

昨今の急激な円高により、外貨を購入するには非常にチャンスともいえる状況があります。

もちろん、リスクも当然ありますが、それを補って余りあるリターンがあります。

外貨で定期預金を行う場合の最大のリスクは、為替の変動によるものです。

最大のリスクとは、定期預金が満期となった際に、為替相場の変動により受け取ることのできる金額が大きく変わってくるところです。

定期預金の口座を開設した際の為替相場が、満期となった際の為替相場よりも、同等、もしくは円安であれば良いですが、円高となっている場合には、預金額そのものが大きく目減りして、高金利による利益を食ってしまうと言うリスクが伴うと言うわけです。

最悪のケースとして、為替相場の動き方によっては、受取額が大きく減額してしまうことになり、為替差損となってしまいます。

また、忘れてならないのが、為替相場の動向に関係なく、円ドルの為替において、円からドル、ドルから円へと交換する際に、1ドルにつき約2円の為替手数料が必要であるということです。

この為替手数料は、ドル以外の外貨の場合、当然違いますのでよく確認が必要です。

さらに注意点としまして、日本円の定期預金と違い、原則として外貨定期預金は途中で解約をすることができないということです。

もし、金融機関に何かがあっても、日本国内の預金保険の対象外となっていますので、預けた金額が補償されることはないと言うリスクもしっかりと理解しておかなければなりません。

このように幾つかのリスクが外貨預金にはありますが、為替の変動にうまくマッチすれば、外貨差損ではなく、為替差益によって円預金では考えられないほどの利益を得ることができます。

仮に為替差益があまり期待できないような経済状況であっても、減額がなければ預けているだけで高い金利によって、満期の際には増額した金額を受け取ることができるわけですから、リスクをしっかりと考慮して、外貨預金をするというのはオススメだと思います。

円高の今、外貨預金をするというのは、非常に賢い選択ではないでしょうか。

ただし、資産の全額を外貨預金にしてしまうというのは、あまりにもリスキーですから止めましょう。

何事も、バランスよく考えて投資するのが良いと思います。


これかの経済をしっかりと見定めるなら、ダイヤモンド社の経済誌は必須と言えるのではないか?



投資は情報が命だ、確かで信頼の置ける情報をいち早く掴むことが、投資で勝つ秘訣であることは間違いない。

<<外貨預金に目を向けてみました | 株式初心者の心得トップへ | グローバルな貯蓄を考えるなら、外貨預金で>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。