株式初心者の心得 > 先物取引 > 銅相場は銅取引の先物取引です

先物取引

銅相場は銅取引の先物取引です

一時、銅線が大量に盗難にあったというニュースが立て続けて流れていましたが、何でまた銅線などを盗むのかと不思議に思った方は多かったと思います。

この盗難の原因は、銅線の値段が高騰したことによるのもので、銅線が市場で先物取引をされていて、その先物取引における高騰を意味しています。

銅相場というのは、市場先物取引での銅の取引を意味しています。

銅線を盗難した人は、間違いなく銅相場の高騰をよく知っていて、銅線が高く売れることを知っている人だと言えます。

このことは、銅が高い値段で売れることを知っている社会の裏を反映したものと言えるでしょう。

ところで、この銅市場では、銅建値という単位を使い、取引されています。

これは、先物市場で銅をいくらで何キロ契約したかを表す単位を銅建値として表します。

1建値で40万円(2008年11月19日現在)くらいですが、重さがトン単位となっています。

銅の取引をする銅相場ですが、NY銅相場の他、ロンドン金属取引所で取引されていて、ここでの取引価格が銅相場となります。

ロンドン金属取引所は、London Metal Exchangeが正式名称で、その頭文字をとったのがLMEと表記されております。

LMEの銅相場のことを、銅LMEと呼んばれています。

LME(ロンドン金属取引所)では、銅に限らず、アルミや鉛、亜鉛なども取引されていて、これらの非鉄金属のLMEでの取引価格が、国際的価格指標となっています。

銅価格を株取引でもおなじみのチャートで示す場合には、たいてい1ポンド(約454グラム)で何ドルになるかをグラフで表すようになります。

それ故に、1ドルが何円になるかといった円ドルの為替レートの動きを示す為替相場によっても日本の銅相場は大きく影響されるので、注意が必要です。

その他、銅相場に大きく影響するものとしましては、LME銅在庫チャートです。

このチャートは、LMEが指定した倉庫の銅の在庫数量がどれくらいであるかを示していまして、現物量の参考指数を示しているともいえます。

つまり、LMEが指定した倉庫の銅の在庫数が減少すれば、銅価格は上昇し、在庫数が増えれば銅価格は下がるといった形になります。

この銅相場についてチェックをすることは、銅相場での先物取引をする人ばかりではなく、銅を扱う関連会社の株式投資にも役立ちますので、非鉄金属の株式を取り扱う人たちは、チェックを入れているはずです。

もちろんのことですが、商品先物としての銅への投資の指針にもなるはずです。

銅相場に関しては、銅関連会社のホームページで詳しく閲覧することが出来ますので、一度ご覧になってみてください。

銅関連会社の株取引をしてみようとするならば、銅相場についてもチェックが必要だということです。
このチェックは、ファンダメンタル分析の一つでもあり、十分に役に立つはずです。


<<今が注目の金相場です | 株式初心者の心得トップへ | 金属相場を知るなら田中貴金属相場を見よう>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。