株式初心者の心得 > 先物取引 種類 > 金の先物取引は最低12万円から取引可能

先物取引 種類

金の先物取引は最低12万円から取引可能

初心者にとって、株についていろいろと勉強しますと、先物取引もその範疇に入ってくるかと思います。
先物取引についても、いろいろと知っておきますと、資産形成に役に立つことがあるでしょう。

先物取引といいますと、有名な取引として、の先物取引が上げられますね。
昔から、世界各地で金の取引は行なわれていて、その貴重性はいうまでもないものがあります。

金の取引には、現物取引と先物取引の二つがあるのは、ご存知かと思います。

現物取引は、一般的に貴金属店での売買に該当しますが、金先物は、何ヶ月か先に予約して取引すると言うものです。

予約取引なので、実際に決めた予約日の時に、価格が下がっていても上がっていても、決めた価格で取引されるようになっています。

基本的に取引は、先に買い付けを行って、上がった時に売れば、売買益となります。
その逆に、先に売って、後から買い付けるという方法もあり、株で言うところの信用売買が出来ます。

金先物が、他の先物と大きく違う点であり、注目すべき点は、最初に支払う証拠金が、実際の金の取引の金額よりも少ない金額であると言う点です。

もし、現物取引なら、1kg320万円ほどの資金が必要ですが、先物取引では、最低12万円ほどで取引することが出来ることは、小額での投資が出来るということです。

金先物を取り扱っているのは、日本では東京工業品取引所です。

金の主要なマーケットとしては海外では、ニューヨークのCOMEX、ロンドンではフィキシング、中国では香港や上海、それにオーストラリアではシドニー、スイスのチューリッヒなどで取引されていて、取引の歴史は長いものがあります。

日本における金先物は、日本で唯一の公設貴金属先物市場である東京工業品取引所で取引され、ここで金価格はオープンに決められています。

また、金の先物取引には、金倉荷証券(きん・くらにしょうけん)を発行して、金地金(きん・じがね)を保証するような制度となっています。
この証券や金は、倉庫会社が保管しており、安全性が高いです。
金先物を取引するには、この倉庫会社に対して、保管料を支払わなければなりません。

もしも、この倉庫会社から金を持ち運びしようとする際には、年間一kg9000円の保管料と、手数料300円が必要となっているようです。

金価格が上昇する主な原因としては、金の需要の増加以外に、金の産出国で非常事態が起きたり、インフレーションで物の値段が上がったときなどです。

先物取引は、ある種特別な世界にも思えますが、内容を知ってみると決して、特別なものではありません。
単語の読みや意味が難しいというのが、玉に瑕ともいえます。

ルールは簡単!はじめよう!ミニ日経225先物



<<原油先物取引は、注目の先物取引 | 株式初心者の心得トップへ | 日経225先物は、レバレッジで儲かるぞ!>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。