株式初心者の心得 > 株式売買 初心者 > 株初心者の方は、スクリーニング機能を利用してみましょう

株式売買 初心者

株初心者の方は、スクリーニング機能を利用してみましょう

株初心者にとって、どの株を選んだら良いのかと言うことで、頭を悩ますことが多いのではないでしょうか。
そういう時は、各証券会社や株のWEBサイトにあるスクリーニングと言う機能を利用してみると、大変助かるかもしれません。

株スクリーニングとは、“ふるいわけ”をすることを意味している用語です。
株式投資をする時、何と言っても大変なことは約3000社という膨大な株の銘柄の中から、幾つかの投資先を選ばなければならないことだと思います。
更に、1社に絞り込むとなるとかなり大変です。

株スクリーニングの便利なところは、いろいろな条件をつけることにより、希望の条件に合った銘柄を絞ることができるのです。
実際、3,000以上もある上場銘柄の中には、どういった銘柄があるのか分からなくて、見逃している銘柄もたくさん存在しているはずです。

そう言ったたくさんの銘柄の中から効率良く、自分の思ったような銘柄を探し出すのに役立つツールが、「株スクリーニング」なのです。
使いこなしたいツールと言えます。

例えば、配当を多く出すという会社を選ぶとか、割安な株を選んだりすることができると言うことなのです。

大概のネットで株取引のできる証券会社ならば、スクリーニング機能(無料)がある証券会社がほとんどなので、口座開設をした際に、是非試しに使ってみると良いと思います。
また、証券会社に限らずスクリーニング機能を無料で利用できる、WEB上のサイトもありますので、検索して見て、使い易いと思うようなものを選ぶと良いとおもいます。

各スクリーニング機能によっては、いろいろな指標から選択するものや、具体的に、「1株単位」「価格50万以上」「売上高成長率120%以上」などと、入力するタイプまで様々あります。
スクリーニングを通して銘柄を検索すると、条件に合致した銘柄のみをピックアップしてくれるので、とても便利です。

株スクリーニングに関しては、株式に登場する用語をあわせて、しっかりと理解することが大切で、後々とても役に立つ機能であるといえます。
スクリーニングによる検索結果は、過去のデータから結果を表示しているものです。

必ずしも予測通りに株価が動かない場合もありますので、過信することは禁物ですが、参考には十分なると思います。
投資はあくまで自己責任であること。
このことを、しっかりと頭の隅に置いて、利用しないといけないです。

株初心者にとって、どの銘柄が良いのかを選ぶことは、とても大変なことですが、株スクリーニングの機能を生かすことによって、だいぶ手間が省けるのではないでしょうか。
その上で、いろいろな指標や株の勉強で学んだことを、選んでみた株に対して当てはめてみると、だいぶ絞れるのではないでしょうか。

<<証券会社によって、株売買の手数料が違います | 株式初心者の心得トップへ | 携帯やPCで株取引ができるネット証券会社>>


Powered by Seesaa