株式初心者の心得 > 株式売買 初心者 > 株初心者なら、株主優待から企業の株に取り組んでみては

株式売買 初心者

株初心者なら、株主優待から企業の株に取り組んでみては

初心者の方で、株を保有することで株式会社の経営に参画しようと考えている人は少ないですが、株主優待制度を楽しんでみようとか思う人は多いのではないでしょうか?
例えば、東京ディズニーリゾートを経営するオリエンタルランドの株式で儲けると言うよりは、東京ディズニーリゾートの入場券の割引優待券が欲しいと言う人が意外と多いようです。

株の初心者にオススメしたいのが、堅い経済の話は少しおいといて、こういった株主優待から取り組んでみると言うのはいかがでしょうか?

この株主優待というものは、株式会社が、一定数以上の自社の株式を、権利確定日までに保有していた株主に与える優待制度のことで、略して株優(かぶゆう)などと呼ぶこともあります。
株主優待の実施に対する法的な義務はありませんので、株主優待を行なっていない株式会社は多いです。

ちなみに、株主優待は日本独自のものなので、アメリカ合衆国をはじめ諸外国ではほとんど行われていないのが実情です。

簡単に言ってしまえば、株を買って株主になることにより、株の銘柄によってはその企業から、株主優待というプレゼントがもらえるということです。

具体的には、食品会社の株を所有しているのであれば、その食品会社で販売している自社ブランド商品を株主優待という形で、プレゼントされると言うような形です。
株を持っているだけで、その株式会社の商品等がもらえるので、その商品が欲しくて株を保有している方もいらっしゃいますね。

たとえば、冷凍食品の会社では、冷凍商品といった具合で、優待品を金額換算して投資金額で割ると、時には10%を超える利回りになることもあるようです。

また、株主優待はオリジナルグッズでといったものなど、優待品はさまざまでレアなものもあるので楽しい面もあり、株主優待は、楽しみのひとつとして、個人投資家の間では定着しつつあるようです。

株主優待の雑誌で、「知って得する株主優待」には、1,000社を超える優待実施企業の情報を楽しく、わかりやすく紹介していて、雑誌の中身を見ているだけでも楽しくなります。雑誌の面白いところとしては、読者が選ぶ株主優待人気ランキングなどの紹介は、人気の紙面のようです。

優待内容や事業内容などをコンパクトにまとめて掲載しているので、株式に関心が無い人でも十分楽しめる部分があります。

もちろんのことですが、財務情報、株価チャートなど投資を検討するうえで欠かせない情報もでているので、株で儲けようと考えている人でも読み応えがあるかとも思います。

株の初心者の方が、株主優待を通して、株取引に関心を持ち、楽しむことができるならば、それも良いことではないでしょうか?
経済は堅苦しいけれど、これなら初心者の私でも楽しめるという方が、より一層増えてくれば、ある面経済の活性化にもつながるのではないでしょうか?

株主優待は、株投資のキホンかもしれないですね。

<<株初心者は、まずチャートに慣れよう | 株式初心者の心得トップへ | 株初心者の方は、まずシュミレーションから>>


Powered by Seesaa