株式初心者の心得 > 株式売買 初心者 > 株初心者は、まずチャートに慣れよう

株式売買 初心者

株初心者は、まずチャートに慣れよう

経済ニュースが苦手な株式売買初心者にとって、とっつきやすいのはチャートのテクニカル手法の勉強からではないでしょうか?
株の値段から表されるローソクのような形をしたものが、分単位、日単位、週単位で上下に波打つように並んでいるのをみて、株の値段がどのような方向に行くのかを導き、株取引の判断とする方法がテクニカル手法と呼ばれているものです。

このローソクのような形で持って、株価(相場)の動きを図表で表したものを、チャート(ケイ線)といいますが、売買のタイミングを判断する目安や、株価が上がっているのか下がっているのかの判断材料になります。

たとえばある特定の銘柄について、どのような値動きを見せたかを、分または日単位での大引けの値段を線で結んだケイ線で表現するんです。

そうすると、月単位、日単位での過去の株の値動きがすぐにわかりますし、値段が上下に波打ったように見えるのですが、もし同じような値動きを見せている銘柄があれば、参考になるというものなのです。

テクニカル手法と言うものは、こういったチャートから株の動きを推測できるので、チャートを読むと言うのは大変に重要性があるのです。

個人の投資家から企業の担当者までいろいろな経済情報をもとに、株の動きを推測していくのですが、このようにチャートを利用して、株価の動きから相場を分析する方法を、テクニカル分析またはテクニカル手法などと呼んでいます。

テクニカル分析の大きな特徴は、チャートで表現される株価の動きが相場を動かす一番重要な要素であると位置づけていることだと言えます。

株価の動きをチャートから読み取ることで、パターンや習性を知ることができ、更に過去の株価の動きがよく分かるチャートを利用することで、いくつかのパターンを発見することで株取引に応用することができるわけです。

しかし株価を動かす材料には、このチャートから分かるものばかりでなく、様々なものがあるのも事実です。

特に株価の動きを決定する要素の中で、人の思惑という最後までわからない不安定な要素も含まれていたりするので、絶対にこのような動きをするとは断言できないわけです。

ですから、問題は、株チャートをどう活用し、チャートから何を読みとるのかが大きなポイントになってくるわけです。

株式売買の初心者がテクニカル分析で株取引に勝ちたいのなら、株チャートの重要性と読み方について、たくさんの関連する書籍がでているので、しっかりと研究して見るのが良いでしょう。

また、インターネットの中では、参考にすべき多くの情報が提供されていますので、そちらの方も参考にして見ください。

株取引におけるチャートについて、簡単にまとめましたが、テクニカル分析におけるチャートはおくが深いものがあり、絶対に100%というものはありません。
しかし、チャートから分かるいろいろな理論、法則なるものを身に付けることで、株取引における予測はしやすくなり、負けにくくなることも事実だと思います。

しっかりと株のチャートを勉強しましょう。

マネックス証券



<<未公開株には儲かるチャンスが一杯! | 株式初心者の心得トップへ | 株初心者なら、株主優待から企業の株に取り組んでみては>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。