株式初心者の心得 > 株式売買 初心者 > 株の初心者ならミニ株がお薦め

株式売買 初心者

株の初心者ならミニ株がお薦め

ミニ株というのをご存知でしょうか?
株取引を行なうのに資金が足りなくて、株取引をしたいけどできないと悩んでいる方にとっての朗報なのが、このミニ株であります。
だいたい、通常株取引の10分の1の資金でできてしまうから投資初心者には特にお薦めです。

ミニ株とは、小さな株、ではなく、あえて言うなら“少ない株”と理解した方がよろしいです。

どういうことなのか説明いたします。

通常、株の売買を行なううえで、最低単位のことを、「単元株」と呼んでおります。

例えば、A社の株は100株から、B社の株は1,000株から、といった風に銘柄ごとに決められていて、A社の場合なら100株を1単位、B社の場合なら1,000株を1単位と言うように取り扱うことが「単元株」ということです。

この場合、A社の株を50株買う、70株売るといったことように細切れにすることはできません。

ここが重要なところで、100株、1000株と言った単元株の倍数でしか売買できない決まりとなっているので、1株1,000円する株があるとしますと、単元株が100株なら購入資金は10万円必要と言うことなのです。

単元株単位の場合、1株あたりが高額であれば購入資金がかなり必要となり、購入が大変ですが、ミニ株は、この単元株の10分の1の単位で売買できるというものなので、株取引に当たっての資金が少なくてすむと言うものなのです。

例えば、先ほどのA社なら、10株単位で取り引きすることができるので、1株1,000円だとすると1万円あれば、購入できてしまうわけです。
つまり、ミニ株は資金が少なくとも株取引が始めやすいと言う利点があるのです。

実際のところ、資金が少しでいいというメリットから、ミニ株は投資初心者や女性、兼業投資家など幅広い層の支持を得ています。

資金が少なくて簡単にできるからと言っても、ミニ株にもデメリットがあるということです。

もっともよく言われているのが、通常の単元株での取引と比較すると手数料が高いということ。

扱っている額が小さいからといって売買を頻繁に繰り返すと、利益よりも手数料が高くついた、なんてことも無いわけではありません。

また、ミニ株では単元株の保有の場合のように株主優待や配当がありませんので、ただ持っているだけでは得がありません。

株取引の醍醐味の一つでもある、いくらになったら売る、買うといった「指値注文」ができません。

このようにミニ株にはいろいろと制約はありますが、上手に取引をすれば投資初心者にとっては格好の練習となるとは思います。

ただし、全ての証券会社がミニ株を取り扱っているわけではないので、口座開設する際には、ミニ株の取り扱いがあるか確認しておいた方がよろしいでしょう。

ミニ株を始めようという方にとって、基本的な知識をまとめてみました。
通常の取引と比べて小額資金で売買できるミニ株は、株取引の楽しみを広げる意味では嬉しいとこもあり、初心者においてもまず小手調べ的に取引してみると言う点では、気楽な部分もあります。
投資初心者で小額資金の方にお薦めなのがミニ株です。
これからインターネット取引するならマネックス証券

・株、ミニ株、投資信託、債券など業界随一の商品ラインナップ

・逆指値でリスク管理もラクラク

・口座開設すれば市況概況や個別銘柄ニュースなど良質な投資情報が見られます

・口座開設費用は無料。今すぐ口座開設を!



<<今経済が熱いベトナム株に注目! | 株式初心者の心得トップへ | 未公開株には儲かるチャンスが一杯!>>


Powered by Seesaa