株式初心者の心得 > 株取引 証券会社 > 株初心者が選ぶ証券会社は?

株取引 証券会社

株初心者が選ぶ証券会社は?

株取引を始める為には、証券会社に口座を作らないといけないわけですが、では、証券会社と株式の関係はどのようなものか?

株式が会社の経営権の券を発行したものであり、その株式を証券会社が仲介となって引き受けて、証券市場というところで流通できるようにさせます。

証券市場で株式を流通させることで、企業は株式市場より資金を調達できようになり、私達は証券市場より、証券会社を通じて株を買ったり売ったりすることができるようになります。

それゆえに、株取引を始めるには、取り引き専用の口座を証券会社に準備する必要があるわけです。

一般の銀行では、株式の仲介をしてはいないので、銀行口座だけでは株取引を行うことはできないのです。

つまり、株取引専用の口座は、銀行ではなく証券会社に開設しないといけないわけです。

重要なことですが、口座を開設する証券会社選びが株取引の第一歩といっても過言ではないでしょう。

その気になれば、いくつもの証券会社に口座を持つことは簡単にできます。

しかし、初心者はまず1つの証券会社とじっくり付き合っていく方が大切ですね。

口座の管理費や運営費などのランニングコストの面だけでなく、ここにも口座、あそこにも口座となると管理が大変になり、初心者にとって無駄が多く発生してしまい混乱する原因になりかねないです。

株初心者ならそれほど資金も多くはないでしょうから、口座は少ない方が効率的で集中して売買もできるかと思います。

証券会社選びのポイントの一つとして、自分好みの取引ができるところ。

自分好みの取引とは、初心者の方には分かりにくいことでしょうから、まずは、そこそこ有名な証券会社を選ぶのが賢い選び方と言えると思います。

銀行口座は開設しても手数料などがかからないように、証券会社の株取引専用の口座のなかには、口座開設費や管理費がかかるものがあるので、そういった手数料などが無料なら言うことなしです。

さて、口座を開設したら、口座に資金を入金すればいつでも株取引が始められます。

いつでも株取引ができるからと言って、適当に銘柄を選んだのでは意味がありませんので、不安ならばシミュレーションソフトなどで雰囲気をつかんでから始めるといいでしょう。

そういったソフトの有無も証券会社選びのポイントにすると良いと思いますね。

実際の株取引は買いから始めるのが基本で、いわゆる“空売り”は、初心者には危険なのでお薦めできません。

まずは小額でもいいですから、株を買い、少しでも上がったら売る、をくり返して株取引のコツをつかんでいくと良いでしょう。

まとめて見ますと、そこそこ有名な証券会社で口座開設が無料であること。
シミュレーションソフトなどを提供しているところなら、なお良し。
小額で買いを基本に取引を行うこと。
初心者なら、ざっとこんなところでしょうか。

初心者に優しいマネックス証券



<<株式入門に際して大切なこと | 株式初心者の心得トップへ | 気になる中国株の動向!>>


Powered by Seesaa