株式初心者の心得 > 株式売買 初心者 > 株式入門に際して大切なこと

株式売買 初心者

株式入門に際して大切なこと

の取引を始める前に、まず基礎知識の用語などの意味はしっかりと知っておいたほうが良いです。

知っているから儲かるとは言いませんが、株の取引で使われる用語の意味すら分からないようでは、勉強しても分けが分からないで終わってしまいます。

基礎とも言える用語の意味などは必ず役に立ちますし、ノウハウものの情報商材を購入した際にも、応用がきくはずです。

基本的なことですが、株は正式には「株式」と言いますね。

当たり前のことですが、株式とは企業が発行する券のこと。

以前は企業が発行する“紙切れ”などと表現することもありましたが、2009年の株式電子化に向けてその表現も使われなくなってますね。

初心者にとって、ますます株式の実体がわかりににくくなりましたが、企業の経営権を小さくしておすそわけしたようなものだと考えていただけると、分かりやすいかもしれません。

例えば、企業全体で株式を1,000万枚、発行していたとしましょう。

その株式を100枚買えば、全体の10万分の1の経営権を手にしたことになります。

僅かな枚数とは言え、経営権を持っていることになるわけですから、株主特権として株主総会で経営について意見したり、経営者としての立場を確保していますので、その企業からサービスを受けることができると言うわけです。

経営者ですから企業の儲け(利益)を分けてもらえることだってあります。
配当金がこれにあたるでしょうか。

例えば、利益の上がっている人気企業などでしたら、その経営権の券つまり株式を欲しがる人はたくさんいます。

多くの人が欲しがれば欲しがるほど、当然、その券の値段は上がりますよね。

これが“株が上がる"ということなのです。

逆に、倒産寸前の企業の経営権を欲しがる人は、何か特別な理由でもない限りあまりいません。

そうなると、株の値段(株価といいます)は必然的に下がります。

この株価の変動を利用して、株価が安い時(株券を欲しい人が少ない時)に買い、高い時(株券を欲しい人が多い時)に売ると言うことが、株式取引の基本となるわけです。

もう少し簡単に言えば、株が上がった、下がったで売買をくり返し、利益を積み重ねると言うことです。

実際には、企業が発行する株券のことだけでなく、この株券の売買そのものを「株」と呼ぶ場合もありますね。

もちろん、気に入った企業の株式を売らずに持ち続けることで発生するメリットもたくさんありますので、売買だけが全てではないですね。

ざっと、基本的なところは抑えたつもりですが、株式の値段の上がり下がりを表現するチャート、そのチャートの見方には、いろいろな表現が使われているので、売買と言う観点から言えばそのチャートもかなり重要なウェートを占めています。

何につけても、知らないままにしないで、こまめに調べて理解することは、株で儲けようとする際には、大変大切なことです。

勉強会・セミナーもありますマネックス証券



<<株式売買で初心者が注意すべきこと | 株式初心者の心得トップへ | 株初心者が選ぶ証券会社は?>>


Powered by Seesaa